CRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)の「違い」

CRAとCRCの違い

CRA(臨床開発モニター)と似ている職種にCRC(治験コーディネーター)があります。転職を検討されている方から「治験コーディネーター(CRC)との違いが分からない」との声がしばしば聞かれます。

実際にCRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)は混同されやすく、違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか。

そのような疑問に答えるため、こちらではCRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)の違いを徹底的に解説しています。CRA(臨床開発モニター)に転職する前に、CRC(治験コーディネーター)との違いを理解して、頭を整理しておきましょう。

クエスチョンマークCRAとCRCの違い

ややこしいですね。
末尾がAだとCRAですね。

CRA(臨床開発モニター)は製薬会社、CRC(治験コーディネーター)は病院の業務。

CRAとCRCの違い

CRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)は新薬の開発の最終工程である治験や臨床試験に関わり、一緒に仕事をすることも多いのですが、仕事内容や労働環境などに違いがあるため、自分がどちらに適しているかをきちんと考えたうえで、応募先を選びましょう。

【仕事内容】CRAは製薬会社の立場に立てる人が向いている

キャリアアップできるのはCRAかしら? CRAは製薬会社の立場に立てる人が向いている

CRA(臨床開発モニター)の仕事内容は別名「モニター」と言われることからも分かるとおり「治験のモニタリング」、すなわち病院内で治験がきちんとおこなわれるようにチェック・指導をする業務です。別の仕事ではコンビニエンスストアのスーパーバイザーや、家電量販店を巡回するメーカーの営業担当者などがチェック・指導を業務とする仕事として知られています。

それに対し、CRC(治験コーディネーター)の仕事内容は職種名からも分かるとおり「コーディネーション」、つまり調整業務です。病院内で治験担当医と被験者、製薬会社の3者の間に立ち、治験がスムーズに進んでゆくように働きかけます。調整業務という面では病院のソーシャルワーカーや、行政の保健師の業務に近いと言えます。

CRA(臨床開発モニター)は治験で使用される薬の最新の知識を身につけておく必要があるため、薬の作用機序などの薬物動態に精通しているだけでなく、海外の文献に常に目を通すなど、情報収集を怠らない姿勢が求められます。

また、治験担当医師やCRC(治験コーディネーター)といった専門家から信頼されるために「薬の知識」だけでなく「ビジネスパーソンとして失礼のない立ち居振る舞い」「交渉術に長けたプレゼンテーション能力」が必要になります。

仕事内容の違い

詳しくはこちら

【給料】CRAは年収が高い

CRAは年収が高い

CRA(臨床開発モニター)の平均年収は約620万円で、CRC(治験コーディネーター)より約150万円ほど高くなっています。

CRA(臨床開発モニター)が所属する製薬業界は年収が高いことで知られており、外資系の会社も多いため、CRA(臨床開発モニター)の給料はCRC(治験コーディネーター)よりも高くなります。

年収の比較

※CRAは352名、CRCは253名のCRAばんく・CRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=605)。

【残業】CRAは残業が多い

忙しいけど給料が高いのがCRAなんですね。 CRAは残業が多い

CRA(臨床開発モニター)はCRC(治験コーディネーター)よりも残業が多いです。しかも、この残業時間には出張による移動時間や、自宅でのサービス残業が含まれていません。そのため、移動による拘束時間や、自宅でのサービス残業を含めると、差はさらに広がると考えられます。

CRA(臨床開発モニター)はモニタリングを行うために「全国」の病院を訪問する必要があります。病院が地方にある場合はホテルに宿泊したり、始発・終電の交通機関を利用したりするため、CRA(臨床開発モニター)はCRC(治験コーディネーター)よりも拘束時間が長くなります。他にもCRA(臨床開発モニター)は自宅でサービス残業をしている方がとても多いです。

「フレックスタイム制度」「在宅勤務の利用」「リモートモニタリングの普及」「内勤職の増加」などにより、CRA(臨床開発モニター)が出張する回数は減少傾向にありますが、CRA(臨床開発モニター)がCRC(治験コーディネーター)よりも育児と仕事の両立が難しい職種であることに変わりはありません。

残業時間の比較

※200名のCRA・CRCばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=200)。

詳しくはこちら

【勤務地】CRAは地方で働けない

CRAのままUターン転職をすることは難しそうかしら。 CRAは地方で働けない

CRAが働ける場所は「都市部のみ」で地方では働くことができません。なぜなら、CRA(臨床開発モニター)の働く場所は、製薬会社の本社がある都市部に限られるからです。在宅勤務や新幹線通勤を利用して地方にいながら働くとしても、2~3年以上の長期に渡り仕事を続けることは困難です。

治験が行われている病院があれば、地方でも働くことができるCRC(治験コーディネーター)とは異なり、CRA(臨床開発モニター)は配偶者の転勤や介護などで、地方への引っ越しが必要になると仕事を退職せざるを得ません。

働ける都道府県

※47都道府県中

詳しくはこちら

【学歴】CRAは学歴が高い

製薬会社に新卒で採用されるCRAは、ほぼ全員が院卒です。 CRAは高い学歴が求められている

CRA(臨床開発モニター)は大卒以上の学歴が求められることが多いです。CRA(臨床開発モニター)の約2割は6年制の大学を卒業している薬剤師ですから、CRA(臨床開発モニター)の半数以上は「大学院」もしくは「6年制の大学を卒業している」ことになります。

専門・短大卒の方がCRA(臨床開発モニター)へ転職するためには、英語力に秀でていたり、選考基準が低い求人を選んで応募する必要があります。専門・短大卒でもなれるCRC(治験コーディネーター)とは異なり、CRA(臨床開発モニター)は高い学歴が求められていると言えます。

学歴の比較

※CRAは180名、CRCは120名のクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=300)。

詳しくはこちら

【資格】CRAは医療資格の必要性が低い

医療資格を持っていてもメリットは何もないようでです。 CRAは医療資格の必要性が低い

CRA(臨床開発モニター)の半数以上は医療資格を所持していない理系の大学、もしくは大学院を卒業された方です。このことからCRA(臨床開発モニター)はCRC(治験コーディネーター)よりも、医療資格が必要ない仕事であると言えます。

しかし、CRA(臨床開発モニター)へ中途採用で転職するためには「薬剤師」や「MR」などの医療資格が必要になることがほとんどです。医療資格を所持していないCRA(臨床開発モニター)の多くは「新卒」で就職した方で、「中途」で転職した方ではありませんので混同しないように注意しましょう。

CRAの資格の種類

※200名のCRAばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=200)。(新卒入社を含む)

CRCの資格の種類

日本SMO協会データ2021JCOG CRC実態調査2018より出典
※SMOのCRC2574人と院内CRC398人の資格の調査データを合算

詳しくはこちら

【英語】CRAは英語の使用頻度が高い

TOEICが800点以上の人はCRAへの転職がおすすめです。 CRAは英語の使用頻度が高い

CRA(臨床開発モニター)が所属する企業の半数は外資系です。そのため、CRA(臨床開発モニター)の英語の使用頻度はCRC(治験コーディネーター)よりも高いです。また、英語力が高い方はCRA(臨床開発モニター)へ転職しやすくなったり、年収を上げやすくなったり、昇進しやすくなったります。

資本の比較

※日本国内における製薬会社CRO・病院・主要SMOの売上・病床数の上位10位までを比較して作成。

【年齢】CRAへ転職できるのは30歳まで

CRAは応募のチャンスが少ないようです。 CRAは応募のチャンスが少ない

未経験から転職する場合、CRA(臨床開発モニター)ほうが年齢制限が厳しいと言えます。CRC(治験コーディネーター)の年齢制限が35歳前後であることが多いのに対して、CRA(臨床開発モニター)は30歳を超えると応募できないことが多いからです。

CRA(臨床開発モニター)は出産・育児後に転職することはできないと言えます。

CRA・CRCになった年齢の比較

※CRAは352名、CRCは253名のクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=605)。(ただし、新卒は除く)

詳しくはこちら

【面接回数】半数以上の企業が複数回の面接を行っている

CRAの転職活動は長期戦を覚悟です。嬉しくないですね。 面接を行っている

CRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)のどちらも、約半数が複数回の面接を行っています。CRA(臨床開発モニター)の面接回数は外資系企業の割合が多くなるにつれて減少していますが、CRC(治験コーディネーター)の面接回数は業界の再編が進むにつれて増加しています。

面接の回数

※主要CROSMO10社の選考方法をもとに作成。

詳しくはこちら

【試験】約7割の企業が何らかの試験を行っている

試験を行っている

CRA(臨床開発モニター)の多くの選考で試験が行われています。種類は性格・能力検査、小論文、GCP理解度テストなど様々な種類があります。試験が苦手な方は事前に準備をしておきましょう。

試験の有無

※主要CROSMO10社の選考方法をもとに作成。

【合格率】CRAの合格率は低い

特に看護師、検査技師からCRAになるのは難しいです。 CRAの合格率は低い

未経験者のCRA(臨床開発モニター)の合格率はCRC(治験コーディネーター)の半分以下と低く、5~10%前後で推移しています。

経験者の合格率は35~40歳前後までは治験コーディネーター(CRC)のほうが高く、35~40歳前後以降はCRA(臨床開発モニター)のほうが高いです。CRA(臨床開発モニター)は未経験から転職できるチャンスが小さいと言えます。

合格率の比較

※200名のCRCばんく・CRAばんくのクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=200)。

転職活動の比較(平均値)

※CRAは180名、CRCは120名のクチコミ・アンケート調査データをもとに作成(調査期間:2015年4月~2022年10月、有効回答数:N=300)。

表CRAとCRCの比較一覧表

CRAもCRCもどちらの仕事も面白そうで、迷っちゃうわ。
C R A C R C
臨床開発モニター(または治験モニター)、Clinical Research Associateの略 何の略? 治験コーディネーター(または臨床研究コーディネーター)、Clinical Research Coordinatorの略
製薬会社、もしくはCRO 所属する組織 病院、もしくはSMO
新薬の臨床試験がきちんと行われているかをチェックする。 仕事内容 治験がスムーズに行われるように患者と病院、製薬会社の3者間に立ちコーディネーションをする。
年収は400~1200万円
平均年収はおよそ600万円前後
給料 年収は300~800万円
平均年収はおよそ500万円前後
月に10~30時間前後(出張の移動時間、自宅でのサービス残業を合わせるとプラス20時間) 残業時間 月に5~20時間
  • 土日祝日、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始など
  • 年間休日は115~125日
  • 平均すると月に0~1回の休日出勤がある
休日
  • 土日祝日、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始など
  • 年間休日は120~130日
  • 平均すると月に1回ほど休日出勤がある
取得しやすい 有給 取得しやすい
グローバルプロジェクトを担当したり、外資系に勤めると英語の使用頻度は高くなる。管理職レベルになると英語が話せて当然と言った雰囲気。 英語の使用頻度 高くはないが、英語力があると好ましい。英語を話せる人は少ないので重宝がられる。
可能。子供が小さいうちはCRAではなく、QCやCRAサポート職などの事務系職種に異動して仕事を続けることが多い。 家庭との両立 容易。時短勤務制度などを利用して働けることも多い。
東京と大阪に集中している 勤務地 全国
理系大卒、理系院卒の順で多い。大卒の約3分の1は6年制。 学歴 専門(短大)卒、大卒の順で多い。近年は大卒の比率が大きく上昇。
薬剤師が最も多く、次いでMR、看護師、臨床検査技師の順。 資格 看護師が最も多く、次いで臨床検査技師、薬剤師の順。最近は保健師や管理栄養士、臨床心理士も増えている。
28歳前後(CRA経験者の場合は50歳前後) 応募時の年齢制限 35歳前後(CRC経験者の場合は45歳前後)
男女比は半々 男女比 女性が8割
なし 患者様と接する場面 多い
1~2ヶ月が多い 入社時の 研修期間 1~2週間が多い
1回と複数回が半々 面接回数 1回と複数回が半々
多くは有り 筆記試験 の有無間 多くは有り
未経験者は5~15%で推移、経験者は40~90%で推移。 合格率 の有無間 未経験者は10~35%で推移、経験者は30~80%で推移。
  • 仕事中の服装の基本はスーツ、もしくはビジネスカジュアル
  • 日本全国への出張がある
  • 5つ前後の病院を受け持つ
  • 事務作業が多い
その他の 特徴
  • 仕事中の服装の基本は白衣。時々スーツを着る
  • 5~10人前後の患者様を受け持つ
  • 事務作業が多い
忙しい 口癖 遠方の病院の担当になりたくない

マルCRAを選んだ理由

CRAのほうが人気がある職種かもしれませんね。

CRAを選んだ理由ベスト3

1位
「高度な専門知識」「英語力」が必要など、キャリアップができそうに感じた
2位
給料が高い
3位
製薬業界の一員として新薬の開発に携われる
CRAを選んだ理由

CRA(臨床開発モニター)を選んだ理由の1位は「キャリアアップできそうに感じた」です。CRA(臨床開発モニター)の仕事内容は高度な専門知識が必要とされ、英語の使用頻度は高く、全国への出張もあるなど、キャリアアップできそうな仕事内容だと感じたことがCRA(臨床開発モニター)を選んだ理由のようです。

2位には「給料が高い」という声がランクインしました。CRC(治験コーディネーター)よりも100万円以上高い給料は、やはり魅力的に映るようです。

CRA(臨床開発モニター)を選ぶ理由は主に「高度な専門性が求められる仕事内容」と「高い年収」の二つと言えるようです。

詳しくはこちら
CRA評判・口コミ

声CRAを選んだ人の声

治験全体に携わることができる
CRCだと病院で行われる治験にしか携われないのに対して、CRAは病院だけでなく、製薬会社で行われる治験の準備から幅広く携わることができます。CRCよりも治験全体に携われる点に魅力を感じたのでCRAになろうと思いました。(元病院の薬剤師)
キャリアップできる
CRAはCRCより高度な専門知識が求められると聞きました。また、全国への出張があり、仕事で英語を使う頻度も高いそうです。

他にも終始スーツを着て仕事をすることや、高学歴の人が多いことなどから、CRCよりもCRAのほうがビジネスパーソンとしてキャリアアップできると判断してCRAに決めました。(元病院の保健師)
CRCへの応募資格がない
私はMRです。CRCの仕事も興味があり少し調べましたが、MRをCRCとして採用している企業はなく、CRCへの応募資格はないようでした。(元企業のMR)
給料が高い
年齢が20代後半となり、結婚して子供もできました。現在の病院でこのまま働いたとしても、管理職にならない限り給料のアップは期待できません。

CRAの平均年収を調べてみると、臨床検査技師よりも高く、管理職になれば年収が1000万円近くになることもあるそうです。仕事もやりがいが高く面白そうだと感じ、家族と自分の将来のことを考えてCRAへと転職しました。(元病院の臨床検査技師)
CRAは今しか応募できない
未経験から転職する場合、「CRAは30代になると転職できない」「CRAは子供ができた後に仕事を続けることが難しい」と聞きました。

CRCは30代からの転職も可能と聞いていますので、20代のうちはCRAとして色々経験を積んで、もし、30代になって結婚をして子供ができたらCRCへ転職することも可能だと考え、まずはCRAにチャレンジしてみようと思いました。(元病院の看護師)

質問よくある質問とみんなの回答

Q
CRCとCRAになるのでは、どちらが難しいですか?
A
CRAのほうが難しいという記事を目にすることが多いのですが、未経験からCRC、もしくはCRAを目指す場合については一概にそうとも言えません。誤解をされている方も多いため、下記に説明をさせていただきます。

病院の薬剤師(20代)、保健師(20代)
同じぐらい
病院の薬剤師(30代)、保健師(30代)
CRAのほうが難しい

調剤薬局の薬剤師(20代)、MR(20代)、獣医師(20代)
CRCのほうが難しい
調剤薬局の薬剤師(30代)、MR(30代)、獣医師(30代)
CRAのほうが難しい

看護師、臨床検査技師、管理栄養士、臨床工学技士、診療放射線技師、作業療法士、理学療法士、臨床心理士
CRAのほうが難しい

理系院卒者、MS、医療機器営業
CRCのほうが難しい

CRCは豊富な臨床経験が求められることが多いのに対して、CRAは年齢が20代であることや地頭の良さが求められることが多いです。

なぜなら、CRCは直接、患者様と対応する必要があり、病院の中で働く時間が長いため豊富な臨床経験があることが求められます。逆に頭の良さはCRAほど重要視されず、年齢も30代であればチャンスがあります。

それに対してCRAは一人前になるのに時間がかかるため年齢が若いことと、短い時間で多くのことを記憶する必要があるため地頭の良さが求められます。逆に患者様と直接、接することはなく、病院の中で働く時間も短いため、臨床経験の有無はCRCほど重要視されません。

このように、CRCとCRAは求められるものが異なるため、応募者の経験によって選考の難易度が異なります。

では、CRC経験者がCRAへ転職する場合と、CRA経験者がCRCへ転職する場合ではどちらが難しいのでしょうか。

答えはCRC経験者がCRAへ転職する場合です。理由はCRAへ転職する場合のほうが年齢制限が厳しいからです。

以上のことを考慮したうえで、将来のキャリアプランも加味して、どちらへ転職すれば良いのかを決められると良いと思います。

例えば、将来、地元である地方へ戻って暮らしたいと思っているMRは早めにCRAへ転職をして、結婚をして地元へ戻るのに合わせてCRCへ転職するというキャリアプランが描けますし、地方に住んでいる専門・短大卒の看護師であれば、いきなりCRAへ転職するのではなく、まずは地方でCRCへ転職した後にCRAへチャレンジするという選択をしても良いでしょう。

CRCとCRAのどちらへ転職したほうが良いかは、様々な要因があるため、なかなか一人では分からないと思います。悩んだ際は一度《CRAばんく》へご相談くださいませ。CRCとCRAのどちらの転職にも詳しい専任のコンサルタントが回答をさせていただきます。


<役に立つ記事>

CRA(臨床開発モニター)の選考倍率・難易度・合格率はどれくらい?

治験コーディネーター(CRC)の選考倍率・難易度・合格率はどれくらい?

CRA(臨床開発モニター)へ転職しやすい資格ランキング

治験コーディネーター(CRC)へ転職しやすい資格ランキング

<類似の質問>

CRA(臨床開発モニター)への転職難易度ってどれぐらい?難しい?

CRCの選考は看護師と比べて何倍ぐらい難しいのでしょうか?
Q
なぜCRCではなくCRAか
A
看護師や臨床検査技師、薬剤師をされている方がCRA(臨床開発モニター)の面接を受けると、しばしば「なぜCRC(治験コーディネーター)ではなくCRA(臨床開発モニター)か?」と聞かれます。

なぜなら、日常的に患者様と接している看護師や臨床検査技師、薬剤師は、CRA(臨床開発モニター)よりもCRC(治験コーディネーター)のほうに適性があると言われているからです。


(CRA(臨床開発モニター)になるには)

(治験コーディネーター(CRC)になるには)

そのため、看護師や臨床検査技師、薬剤師は面接までに、CRC(治験コーディネーター)よりCRA(臨床開発モニター)のほうが良い理由を述べられるように準備しておく必要があります。

しかし、CRC(治験コーディネーター)よりもCRA(臨床開発モニター)のほうが良い理由を述べることは簡単ではありません。

なぜなら、「CRA(臨床開発モニター)の仕事内容」が理解できているのはもちろんのこと、「製薬会社・CROと病院・SMO」「臨床開発や治験」「SMA(治験事務局担当者)やMR(医薬情報担当者)、PV(安全性情報担当者)やDM(データマネジメント)/統計解析、開発企画や研究職など、CRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)以外のおおまかな仕事内容」なども理解できていないと、正確に返答できないからです。


(CRA(臨床開発モニター)の仕事内容)

(CRA(臨床開発モニター)の業界研究)

(CRC(治験コーディネーター)の仕事内容)

(治験コーディネーター(CRC)の業界研究)


さて、改めて「なぜCRC(治験コーディネーター)ではなくCRA(臨床開発モニター)か?」と聞かれたときにどのように返答すれば良いのでしょうか? 

最もお勧めの回答は「新薬を開発したいからです」です。

「それだけで良いの?」と思われた方は、以下の点について理解が不足している可能性があります。
-------------
1)新薬を開発するとはどのような活動なのか?
2)新薬を開発するのは誰なのか?
3)治験全体とは何を指しているのか?
-------------

1)~3)について詳しく解説させていただきます。

1)新薬を開発するとはどのような活動なのか?
新薬を開発するとは、「効果が期待できる物質を医薬品にするために、どのような疾患を対象とするか、どのような病院で臨床試験を行うか、などを計画して実行すること」です。計画する人は「開発企画」などと呼ばれることが多いです。そして、実行(を管理)する人は「モニター」と呼ばれます。

つまり、CRA(臨床開発モニター)は「新薬開発の実行を管理(モニタリング)する人」≒「新薬開発を実行する人」≒「新薬を開発する人」と言えることになります。


(CRA(臨床開発モニター)とは)

2)新薬を開発しているのは誰なのか?
新薬を主に開発しているのは製薬会社です。製薬会社とは、医薬品の研究開発・製造・販売を行う会社のことで、新たな薬の研究開発から販売までを手掛ける「新薬メーカー」と、新薬の特許が切れた後に同じ成分で出来た後発品を製造する「ジェネリック医薬品メーカー」に分けられます。

医師主導治験の一部など、大学病院の医師が主体となって新薬開発を行う場合もありますが、大部分の新薬開発は新薬メーカーが行っています。そして、その新薬開発の一部の業務を請け負っている会社がCROです。


(製薬メーカー(製薬企業)のCRAとCROのCRAの違い)

つまり、新薬を主に開発しているのは新薬メーカーですから、新薬を開発するためには新薬メーカーに所属する必要があります。そして、新薬メーカーから新薬開発の一部の業務を請け負っているCROに所属しCRA(臨床開発モニター)として働いている人も、「新薬を開発している」と言えるでしょう。

「研究機関や創薬ベンチャー、大学などが開発しているのでは?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、研究機関や創薬ベンチャー、大学などが主に行っているのは開発ではなく研究です。研究と開発を混同しないようにしましょう。


(研究と開発の違いがよく分からない。教えて。)

3)治験全体とは何を指しているのか?
治験とは厚生労働省から新薬として承認してもらうために行われる、健康な人や患者に対し薬の安全性や有効性を確認する事を言います。しかし、治験全体の範囲は以下のようにいくつも考えられます。


(治験とは)

治験全体(パターン1)・・プロトコールの作成~統計解析~PMDAに治験終了届書を提出まで
治験全体(パターン2)・・IRB開催~最終観察または追跡調査等の終了まで(病院で行われる広義の治験)
治験全体(パターン3)・・病院で行う勉強会~症例数が契約数に達するまで(病院で行われる狭義の治験)

パターン1のプロトコールの作成や統計解析などにはCRA(臨床開発モニター)は携わりません。
パターン2のIRB開催はSMAを兼ねているCRC(治験コーディネーター)や、CRCリーダーも関わることがあります。また、最終観察や追跡調査などはCRA(臨床開発モニター)以外が行うことが一般的です。
パターン3はCRC(治験コーディネーター)も関わります。CRA(臨床開発モニター)は被験者対応に関われないため、CRC(治験コーディネーター)よりも治験全体に関われないとも言えます。

つまり、「CRC(治験コーディネーター)と違ってCRA(臨床開発モニター)は治験全体に関わることができる」という発言は、面接官から「正確ではない発言」「製薬業界への理解不足」などと思われてしまう可能性のある発言であると言えます。

まとめますと、「なぜCRC(治験コーディネーター)ではなくCRA(臨床開発モニター)なのか」と聞かれたときは「新薬開発を行っている製薬会社から新薬開発業務を受託しているCROに所属して、新薬開発の実行を管理すること(モニタリング)はCRC(治験コーディネーター)にはできないからです。」を短くした「新薬を開発したいからです」と述べれば良いことになります。


他の回答として
-------------
・製薬業界の一員として新薬の開発に携わりたいから
・新薬を開発している製薬会社をサポートしたいから
・新薬の開発により携わりたいから
-------------
などとも述べても良いでしょう。

また、
-------------
・英語力を活かして新薬を開発したいから(応募先が外資系の場合に特に有効)
・将来は臨床開発のプロジェクトを主導したいから
・薬の知識や前職の経験をより生かせる(薬剤師など)
・医師に対する交渉力を活かせる(MRやMSなど)
-------------
などを付け加えることもできます。


(CRCではなく、なぜCRA(臨床開発モニター)なのですか?)


CRC(治験コーディネーター)にできなくてCRA(臨床開発モニター)にできることは新薬開発の実行を管理する(モニタリング)以外に、「外資系で働くこと」「被験者と接しないこと」などもございます。

病院やSMOは外資系の参入が規制されているため、外資系の病院やSMOに所属してCRC(治験コーディネーター)として働ける機会はほとんどありません。しかし、製薬会社やCROの約半数は外資系ですから、製薬会社やCROに所属するCRA(臨床開発モニター)は外資系で働くことができます。それは、「英会話を使って仕事をする機会があること」を意味します。


(CRO企業・業界ランキング)

(製薬会社ランキング)

ですから、CRC(治験コーディネーター)ではなくCRA(臨床開発モニター)のほうが良い理由として、帰国子女などの英会話が得意な方で外資系へ応募されている場合は、「英会話力を活かせる」とも述べることも可能です。


(英語を使用する場面はありますか?)

CRA(臨床開発モニター)は被験者と接することができません。それは、CRA(臨床開発モニター)が接する外部の全ての人が、基本的には会社や病院などの何らかの組織に属しているときに接することを意味します。つまり、CRA(臨床開発モニター)には個人営業ではなく法人営業に求められる能力が必要になると言えます。

法人営業と個人営業の違いは色々ありますが、法人営業は「複数の決裁権者に対し、具体的に商品・サービスのメリットを示すこと」、個人営業は「目の前の一人の信頼を勝ち取ること」が重要であるため、法人営業のほうが相手の立場や状況を理解したうえで、論理的にメリットを伝えるプレゼン力が求められると言えます。

ですから、組織に対する交渉経験が豊富な方は、CRC(治験コーディネーター)でなくCRA(臨床開発モニター)のほうが良い理由として「交渉力を活かせるから」とも述べることができます。


(CRA(臨床開発モニター)とMR(医薬情報担当者)の違い)


色々と説明してきましたが、「なぜCRC(治験コーディネーター)ではなくCRA(臨床開発モニター)なのか」の質問に返答することが難しい最大の理由は、CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)の業務内容に大きな違いがないからです。全く同じではありませんが、重なっている業務が多く、仕事内容がとても似ています。


(CRA(臨床開発モニター)とCRC(治験コーディネーター)の違い)

CRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)の仕事内容が似ているため、「CRA(臨床開発モニター)の仕事内容はCRC(治験コーディネーター)と違う」と説明すると、面接官から「CRC(治験コーディネーター)でも似たようなことができるよね」と言われて、ピンチに陥りやすくなります。

ですから、CRC(治験コーディネーター)よりもCRA(臨床開発モニター)のほうが良い理由を述べるときは、「CRC(治験コーディネーター)とは仕事内容が違う」と述べることは避け、「CRC(治験コーディネーター)でも良いが、CRA(臨床開発モニター)のほうがより開発に携われる」のように、「より~できる」と述べると、スムーズな返答をしやすくなることを覚えておきましょう。


<面接を想定した返答一例>

Q:新薬を開発するのはCRC(治験コーディネーター)でもできるのでは?
A:新薬を開発する組織に属して新薬を開発することはできません。そのため、CRC(治験コーディネーター)よりもCRA(臨床開発モニター)のほうが、より新薬を開発していると考えます。

Q:治験は病院で行われている。治験コーディネーター(CRC)でも良いのでは?
A:私が治験が行われている場所よりも、新薬を開発することに興味があります。

Q:患者様と接した経験を活かせるのはCRC(治験コーディネーター)では?
A:私がやりたいことは新薬の開発です。

Q:新薬を開発したいなら、CRA(臨床開発モニター)ではなくPV(安全性情報担当)やDM(データマネジメント)、品質管理(QC)や薬事などでも良いのでは?
A:看護師の経験(コミュニケーション力、病院の理解など)を最も活かせるのはCRA(臨床開発モニター)だと考えます。

<役に立つの質問>

製薬会社とCROのCRA(臨床開発モニター)は何が違うのでしょうか。

製薬会社の開発職とCROの開発職ってどういう違いがあるのでしょうか??

製薬メーカーのCRAへ転職する際に気をつけることやリスクは何がありますでしょうか。
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。

    CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
CRA(臨床開発モニター)の口コミ
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRCばんく

PAGE
TOP