トップページ > CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例 > 9名のCRA(臨床開発モニター)経験者の転職成功事例

9名のCRA(臨床開発モニター)経験者の転職成功事例

CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例

9名のCRA(臨床開発モニター)経験者の転職成功事例をご紹介します。

他の方がどのようにCRA(臨床開発モニター)への転職を成功させたのかをまとめました。CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるための情報やノウハウが満載ですので、他の方のCRA(臨床開発モニター)への転職が成功した要因をご参考にご自身の転職活動にお役立てください。

薬剤師 MR 看護師 臨床検査技師 保健師 獣医師 理系大卒・院卒 CRC経験者

育児との両立がしやすい内勤CRAへ転職できました。

写真
30代後半/女性
東京都/2017年
臨床検査技師
応募した数
約5社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約7週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約400万 年収 約500万
産休育休後に内勤モニターとして働き始めることができました。
CRAとして数年ほど働いた後、出産のため前職を退職しました。仕事を続けながら出産することもできたのですが、色々考えた結果退職を選びました。

子供が大きくなってきたので、再び仕事をしたいと思うようになりました。しかし、以前のようなモニター業務は難しく、内勤として働きたいと考えCRAばんくに相談を申込みました。

担当者と相談したところ、「内勤モニターとして転職活動をしてみませんか?」と言われました。外勤がないため、現在の私でも育児との両立ができると考え、転職活動をスタートさせました。

一般的なモニターと異なり、募集が終わっていたり、条件が合わなかったりして転職活動が長引きました。そして4~5社目の応募で自分の希望とマッチする応募先が見つかり、無事に内勤モニターとして就業を開始することができました。

モニターの仕事を離れて数年が経過していますので、まずは研修を受けて、仕事に慣れていきたいと考えています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRAはCRAでも外勤や出張がないモニター、いわゆる「内勤モニター」は出産後の再就職に適していると言えます。

しかしながら、一般的なモニターと異なり求人数が少ないため、転職を成功させにくい傾向があります。

そのような時はCRAばんくに相談してみてはいかがでしょうか。粘り強く内勤モニターとして働ける企業を探します。どうぞ、お気軽にご相談ください。

医師主導治験やPMSモニターの経験を生かして小規模CROから大手へ転職できました。

写真
20代前半/女性
東京都/2016年
理系大卒・院卒
応募した数
約2社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約10週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約370万 年収 約520万
臨床開発経験が1年弱しかありませんでしたが大手CROへ転職できました。
一応、モニターとして働いていました。一応と述べたのは、モニターの職務に就いていましたが、実際にモニターとしての業務にはほとんど携わっていなかったので、一応と前置きをしました。

前の会社ではモニターとして採用されたのですが、製薬メーカーの治験の仕事は全くなく、主に臨床研究や医師主導治験などに携わっていました。とても小さい会社であったため、きちんとした教育制度もなく、仕事を教えてくれる先輩もいませんでした。そのため、自分の行っている仕事が本当に正しいのかどうか常に自信を持てずにいました。

それでも仕事があるうちは良かったのですが、会社の経験状況は日に日に悪化しているようで、携わる業務内容もモニターからますます離れていったため、将来に不安を感じて転職活動を始めました。

転職の時に一番心配だったのは、自分の経験で他のCROに果たして転職できるかどうかでした。なぜなら、製薬メーカーの治験に携わったことが一度もなかったからです。そのため、自分のスキルで他の会社へ転職できるかを確認したかったので、転職相談に申込みを行いました。また、転職するのであれば、前職の過ちを繰り返さないように、教育制度が整っている会社を教えてほしいという気持ちもありました。

転職相談ではまずスキルの棚卸しをしていただきました。CRA専任のコンサルタントのようで、私のスキルについて転職市場でどのような評価を受けるか、それはなぜなのかを丁寧に説明をしていただきました。スキルの棚卸しの結果、一部のCROであれば十分に転職できる可能性があると教えてもらいましたので、次は転職時に重視したい教育体制と労働環境について話をしたところ、あなたにぴったりの会社として3社ほど提案を受けました。

大手のCROも含まれていたため、正直内定を取れるか自信がなかったのですが、コンサルタントの方は過去にも同じような方が応募されており、現在も皆元気に頑張っているとおっしゃっていただけましたので、そのうちの2社へ応募したところ、無事に内定をもらうことができました。

年収が上がったのも嬉しかったのですが、きちんとした教育を受けつつ、過度の残業がない環境で働ける点について魅力に感じましたので、入社を決めました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
モニターの経験があると言っても、ご経験の内容は様々です。

今回の場合は医薬品モニターの経験が全く無い方でした。しかしながら、複数の医師主導治験を経験されており、その他にも臨床研究やPMSモニターなど幅広い経験をお持ちでした。

そのため、十分に他のCROへ転職が可能であると判断をさせていただき、おすすめの求人をいくつかご紹介をさせていただいたところ、気に入られた会社へ応募され、無事に転職をすることができました。

モニターと言ってもジェネリック・ワクチン開発から、医師主導治験・臨床研究、市販後調査領域、医療機器、場合によっては食品や健康食品まで、医薬品以外にも幅広い分野がございます。それぞれの経験が転職市場でどのような評価を受けるのかが分からない方は一度、転職相談に申し込まれてはいかがでしょうか。

CROから製薬メーカーのCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

写真
20代後半/男性
神奈川県/2016年
理系大卒・院卒
応募した数
約3社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 製薬メーカー
CRA 職種 CRA
約750万 年収 約750万
CROから製薬メーカーのCRA(臨床開発モニター)へ転職しました。
大学院を卒業後、外資系のCROで働いていました。国内・グローバルの両方のプロジェクトを経験し、主に整形・オンコロジー領域を担当しました。2年前からはプロジェクトリーダーも担当させていただきました。そして、英語力もTOEIC800点近い点数を取得した時点で、製薬メーカーへの転職活動を始めました。

英語力をさらに伸ばしていきたいと考えていたので、外資系の製薬メーカーに狙いを絞り、今後も伸長が期待できるオンコロジー領域を中心に開発を行っている会社へ転職したいと考えていました。

転職相談へ申し込んだところ、外資系でオンコロジー領域に強い製薬会社を中心に3社ほど求人をご紹介いただき、そのうちの1社から内定をもらうことができましたので入社を決めました。

入社の決め手は外資系であり、オンコロジー領域に強いこと、また、今後も豊富なパイプラインを期待でき、基本的には外注を使用せずに自社のCRA(臨床開発モニター)のみで業務を行っている点でした。

自分と同じように中途で入社をされている方の比率が高いようで、比較的、若い社員が多く、面接で社員間の風通しの良さを感じたことも決め手になりました。

現職のCROの引き継ぎをスムーズに終えられるか不安がありますが、製薬メーカーへ転職した後はCRA(臨床開発モニター)だけでなく、研究から販売まで、医薬品の開発全体に関わっていきたいと感じています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CROから製薬メーカーへ転職するには、CROのCRA(臨床開発モニター)として著しい活躍をしている方が望ましいです。また、2つ以上オンコロジー領域のグローバルプロジェクトに携わった経験があると、転職できる可能性が高まります。

CROでプロジェクトリーダーとして1~2年の経験を積んだぐらいが、製薬メーカーのCRA(臨床開発モニター)として転職するには、最も適した時期と言えます。

CROでプロジェクトリーダーとしてさらに経験を積み、マネージャーなどを目指しても良いのですが、製薬メーカーへ転職する場合には過度なマネジメント経験が不要である場合も多いため、CROで経験を積んでいくのか、製薬メーカーでCRA(臨床開発モニター)として働き始めるのかを決断する時期であると言えます。

もし、外資系のCROでCRA(臨床開発モニター)として経験を積み、仕事に自信が出てきた方は、製薬メーカーへの転職を検討する時期に入っていると言えるかもしれません。

製薬メーカーから製薬メーカーへCRA(臨床開発モニター)として転職成功

写真
30代前半/男性
東京都/2016年
理系大卒・院卒
応募した数
約5社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約15週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
製薬メーカー 業種 製薬メーカー
CRA 職種 CRA
約500万 年収 約650万
業績不振の製薬メーカーから業績好調な外資系製薬メーカーへCRA(臨床開発モニター)として転職できました。
大学院を卒業後、外資系製薬メーカーで臨床開発全般に携わっていました。小さい会社でしたのでモニター業務から研究補助、市販後調査まで幅広く携わりました。ところが数年前から新薬の開発パイプラインが減ってきて、最近は既存薬の適応拡大が中心となり、新薬の開発がなくなってしまいました。当然、会社の業績は下降の一途で、いつまで会社に在籍できるかが分からない状況となってしまいました。

今の仕事をもう少し続けたいと考え、製薬メーカーに狙いを絞り転職活動をはじめましたが、なかなか求人が少なく、転職活動は順調に進みませんでした。その後、応募先の選択肢を広げたいと考え転職相談へ申し込みをしました。

転職相談の時にご紹介をいただいた求人は残念ながら全て不採用となってしまったのですが、2ヶ月ほど後にご紹介をいただいた求人へ応募したところ、私の経験領域と求人先企業の求めている領域が合っていたこともあり、トントン拍子で選考が進み遂に内定を取得することができました。

年収も経験相応の提示をいただけましたので、内定を承諾させていただきました。転職相談に申し込んでから3ヶ月以上が経過していましたが、無事に製薬メーカーの内定をもらうことができました。ありがとうございました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
製薬メーカーへの転職は製薬メーカー出身者であってもスムーズに進むことは稀です。なぜなら、求人数がそもそも少ないうえに、選考基準がCROよりも数段高く、経験してきた領域の合致を求められることも多いからです。

そのため、製薬メーカーへの転職は長期的な活動が必要となります。

こちらの方は「新着メール」にご登録をされており、1~2ヶ月に1度ほど気になる求人を見つけてはお問い合わせをされていました。その結果、求人発生のタイミングを見逃さずにすぐに応募した結果、内定を獲得することができました。

長期的な転職活動を行う方は「新着求人メール」へご登録をいただき、気になる求人を見つけたときだけ、お問い合わせをされても良いと思います。

内資系CROから外資系CROのCRA(臨床開発モニター)へ転職

写真
30代前半/男性
神奈川県/2016年
薬剤師
応募した数
約3社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約550万 年収 約720万
キャリアアップのために内資系CROから外資系CROのCRA(臨床開発モニター)へ転職しました。
内資系のCROでCRA(臨床開発モニター)として働いていました。仕事にも慣れ、人間関係も良好で、残業も少ないという、とても働きやすい環境でした。ただ、あまり忙しくないこともあり、年収はCROの平均相場よりも少し下だと思っていました。

懸念としては社内でグローバル治験を行っていましたが、私が携われるチャンスがないことや、携わってきた治験が循環器やリュウマチなどであったことです。また、出世待ちの列ができている状態で、リーダークラス以上への出世は当分先であると予想されたことでした。

転職のきっかけは結婚を考えていた人と破談になったことでした。自由に冒険できるチャンスは今しかないと思い、将来を見据え外資系でキャリアを積もうと考えました。転職相談に申し込み、最善のキャリアを相談した結果、私のキャリアでは製薬会社への転職は難しい可能性が高いとのことでしたので、転職の目的を1)外資系、2)成長性が高い、3)オンコロジー領域に強いの3点に絞りました。

すでに完成された外資系CROへ転職してもあまり意味がないと思っていましたので、日本へ進出して数年以内のグローバルCROで年率30%以上の成長をしている企業である3社へ絞り応募しました。

残念ながら英語力が足りないという理由で1社は面接で不採用となりましたが、他の2社からは内定を獲得することができました。その2社の年収はそれほど変わらなかったのですが、一方はプロジェクトリーダー候補での採用とのことでしたので、正直あまり自信がなかったのですが、メンバーはCRA(臨床開発モニター)になって数年の方がほとんどということでしたので、思い切ってリーダー候補の内定を選びました。

コンサルタントいわく、年収アップを視野に入れた交渉が可能とのことでしたが、あまり年収が高くなって責任が増えるのも避けたかったので、最初に提示をいただいた年収で承諾しました。

以前の会社と異なり日本では年率50%近くで成長しているグローバルCROとのことですので、まずはグローバルプロジェクトに慣れつつ英語力に磨きをかけ、さらなるキャリアアップを目指したいと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
最初に相談をいただいた時には、結婚のご予定があるとのことでしたので、「現在の会社を移らない方ほうが良いと思います」とお話をさせていただいたのですが、数ヶ月後にご相談をいただいた時は「プライベートの状況が変わったため、外資系へ転職したい」と心変わりされていました。

CROからCROへ転職する主な理由は以下の3つのうちのどれかであることが多いようです。

1)年収アップ
2)キャリアップ
3)労働環境の改善

今回の方はグローバル経験やオンコロジー領域の経験を積みたいと考え内資系CROから外資系CROへ転職したところ、年収も上がったという事例になります。

キャリアを積むことを最優先に考えた結果、大手外資系CROではなく、あえて成長性の高い中堅の外資系CROを選ばれています。

現時点ではCROからCROへの転職は比較的、容易となっていますので、キャリアップを検討されている方は、売り手市場であるうちに行動をされることをお勧めします。

外部就労型CROのCRA(臨床開発モニター)として転職成功

写真
30代後半/女性
東京都/2015年
薬剤師
応募した数
約3社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約5週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約700万 年収 約700万
派遣先が見つからないCROから希望通りの派遣先があるCROへ転職しました。
調剤薬局の薬剤師として働いた後に外部就労型のCROへCRA(臨床開発モニター)として就業しました。そちらでは複数の内資系、外資系製薬メーカーへ派遣・出向をして仕事を続けてきましたが、CROの担当者から「条件を満たした次の派遣先が見つからない」と言われ、派遣期間の終了が近づいても次の就業先が決まらない状態が続き不安になり、転職相談へ申し込みをしました。

転職相談では「派遣型CROによって契約をしている製薬メーカーに違いがあるため、複数のCROの面接を受けたうえで、最も良いCROを選んでみてはどうでしょうか」との提案を受け、ご紹介をいただいた求人から3社を選んで応募させていただきました。

3社とも面接へ進んだのですが、1社は該当する派遣先がないとのことで不採用となりました。また、もう1社は年収が100万円前後下がることもありお断りをさせていただき、前職の年収を維持でき、外資系の製薬メーカーでの就業ができるCROを選びました。面接はとても和気藹々と進み、とても信頼ができる社長様という印象もありましたので、きちんとした条件提示を受けた後に内定を承諾することに決めました。

派遣型CROは規模が小さい会社も多いので、今後も転職する可能性がある気がしますが、その際も再びCRAばんくを利用したいと考えています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CROの場合、次のプロジェクトがなかなか決まらなかったり、派遣先が決まらなかったリすると、とても焦ります。

年齢が若いうちは社内で研修を受けてキャリアップに勤しむこともできますが、ベテランのCRA(臨床開発モニター)の場合、年収も高かったりするため、社内でのんびりしているわけにはいきません。

特に外部就労型CROの場合、自分に適した派遣先が見つからないと、退職に直結するため注意が必要です。待機期間が長引く前に、自分に適した派遣先を擁するCROを探して転職されたほうが良いと言えるでしょう。

小規模CROから大手CROへ転職して年収100万円以上のアップに成功

写真
30代前半/男性
東京都/2015年
理系大卒・院卒
応募した数
約4社
面接を受けた数
約4社
転職活動の期間
約7週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約430万 年収 約550万
小規模CROのCRA(臨床開発モニター)から大手CROへ転職して年収が100万円以上アップしました。
小規模のCROでCRA(臨床開発モニター)として働いていました。いくつかの企業治験と市販後臨床試験に携わっていましたがいくつか不満がありました。

1)年収が低い
会社が小規模であることもあり、あまり利益が出ていないため他社と比較して年収が低いこと。
2)試験の種類が少なくキャリアップが見込めない
小規模のCROであるため試験の種類が少なく、試験の内容もアレルギーが主で他の種類がほとんどなく、キャリアの幅を広げられないこと。
3)受注が安定しない
小規模のCROであるため、試験の受注が安定しないため、将来の見通しができないこと
4)教育を受ける機会が少ない
CRA経験者に対する教育がほとんど行われないため、スキルアップをする機会がほとんどないこと

主に上記の点を改善したいと考え別のCROへの転職活動を始めました。

色々と相談をしながら自分にとってベストな会社を選びたいと考えたので転職相談へ申し込みをしました。

転職相談ではコンサルタントに希望条件を伝え、色々と相談をさせていただいた結果、転職先を日系のCRO4社ほどに絞り、比較検討をするためにほぼ同時に応募しました。私はとにかく面接が苦手で、自分のキャリアに自信がなかったこともあり、多めに応募しています。

面接で不採用になるCROもありましたが、そのうちの2社から内定をもらうことができ、1社は私にピッタリのCROだと感じましたので、そちらでお世話になることにしました。年収も大きく上がりました。

現在のプロジェクトを終えてから転職をしたかったので、転職の時期が4ヶ月ほど先になることを応募先に伝えたところ、快く承諾していただきました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
小規模CROから大手CROへ転職された方の事例です。

前職での不満がはっきりしており、次の転職先で何を達成したいかが明確になっていましたので、希望が叶えられる可能性の高いCROをいくつかピックアップさせていただきました。比較検討して選びたいという本人の希望もあり、同時に4社への応募となっています。

その結果、本人いわく「面接を受けた瞬間にここでお世話になりたいと感じた」と思えるほど、自分にピッタリのCROに出会うことができ、前職のCROの引き継ぎも完全に終わらせて、きちんとした形での転職に成功されています。

まずはCRA(臨床開発モニター)になることを優先して小規模のCROへ入社したものの、教育体制やキャリア構築、受注の不安定さ、年収など、小規模CRO特有の問題に対して悩みを抱えているCRA(臨床開発モニター)の方は多くいらっしゃいます。そのような方は、なるべく早めに次のステップである自分に適した会社へ転職されたほうが良いと言えます。

50代でCROのCRA(臨床開発モニター)として転職成功

写真
50代前半/男性
大阪府/2015年
理系大卒・院卒
応募した数
約4社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約6週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
CRO 業種 CRO
CRA 職種 CRA
約800万 年収 約970万
50代にもかかわらずCROのCRA(臨床開発モニター)へ転職できました。
複数のCROを経験してきましたが、就業しているCROの業績が悪化し、賞与のカットや職位・給与制度の変更に伴い1000万円以上あった年収が800万円前後にまで下がりました。上司との話し合いの結果「別の職場を探したほうが良い」とも言われ、リストラではありませんが、同じ会社でCRA(臨床開発モニター)として働くことが年々難しくなっているのを感じていました。転職しようにも転職回数も多く、年齢も50歳を過ぎているため、どうすれば良いか分からなくなり、私でも採用していただける会社があるかどうかを知りたいと考え転職相談へ申し込みをしました。

転職相談ではコンサルタントから50歳以降の転職時の注意点として、契約社員としての雇用が多くなると説明を受けましたが、年収はそれほど心配がないとのことでした。また、経験豊富な50代のCRA(臨床開発モニター)を募集している会社も複数あるとのことでしたので、ご紹介いただいたなかからいくつかを選び書類選考をお願いしました。

書類選考の通過率としては50%ぐらいだったかと思いますが、一つは大手CROでの契約社員、もう一つは中堅CROでの正社員で内定をもらうことができました。給与提示額はそれほど変わらなかったのですが、成長性が高く、若い社員が多い中堅のCROでマネジメント経験を生かしたいと思い、大手CROのほうは丁寧にお断りをさせていただきました。

50代でも転職が出来てよかったと思いますが、これ以上の転職は避けたいため、新しく決まった就業先を長く続けられるように、過去の経験を生かしていきたいと考えています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRA(臨床開発モニター)の経験が20年前後と豊富な方でしたが、転職回数が多く年齢が高齢であることが懸念である相談者でした。

50歳以上の転職の場合、いくら経験があっても雇用形態が契約社員になったり、年収が前職より下がってしまうケースも見られますが、今回の方はご経験が豊富であったこともあり、成長性が高い外資系のグローバル中堅CROで内定を獲得することができました。

もし、年齢が高くても転職可能なCROをお探しのCRA(臨床開発モニター)の方がいらっしゃれば一度、ご相談をいただければ幸いです。

以前、所属していたCROへCRA(臨床開発モニター)として復帰

写真
30代前半/女性
東京都/2014年
MR
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
大学 業種 CRO
研究 職種 CRA
約600万 年収 約550万
主人の転勤で東京に戻ることになり、以前、所属していたCROにCRA(臨床開発モニター)として復帰しました。
MRやCRA(臨床開発モニター)などを数社ずつ経験し、現在は地方の大学で研究の補助として働いていました。主人が転勤族のため、海外も含め2~3年に1回は職場を変わる生活をしていました。

主人が再び東京に戻ることになり、今後は転勤の予定もないとのことでしたので、改めて正社員として働きたいと思い、転職相談へ申し込みをしました。

最初は以前、所属していたCROとは別のところへ応募しようと思っていましたが、コンサルタントから「以前、所属されていたCROは復職も歓迎していますし、仕事のやり方も分かっているはずですので、円満に退職されているのであれば、前職と同じCROへ復職されてはいかがでしょうか?」と提案を受け、改めて考えてみると、以前の職場へ復帰できるのであれば、したいと思うようになりました。お恥ずかしいながら、コンサルタントから指摘を受けるまで復職は考えておらず、別のCROへ転職するものとばかり考えていました。

復職でも再び面接が必要とのことでしたので、変則的な形ではありましたが面接を受け、無事に内定となりました。ブランクもあるため、再度きちんとした研修を受けることになりましたので、良かったと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRA(臨床開発モニター)経験者の復職を歓迎しているCROも増えています。この方のように主人の転勤などにより、やむを得ず退職となった後、改めてCRA(臨床開発モニター)として働きたいと思った場合は、まずは前職の時に所属していたCROを検討されると良いと思います。なぜなら、仕事のやり方などが分かっているため、スムーズに職場に馴染むことができるからです。ただし、復職は円満に退職しているCROに限られます。

このようにCROを一度、退職しても、数年後に復職して働く可能性があります。そのため、所属しているCROを転職ではなく、やむを得ない理由で退職する場合は、出来る限り円満に処理をしておきましょう。
件数 9 件中 1 ~ 9 を表示中
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。

    CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP