トップページ > CRA(臨床開発モニター)の仕事内容 > CRA(臨床開発モニター)の「給料・年収」

CRA(臨床開発モニター)の「給料・年収」

CRA(臨床開発モニター)の給料・年収

CRA(臨床開発モニター)に転職するときに、「給料の金額」はやっぱり気になります。経験のある仕事なら、ある程度の予想はできるのですが、経験のない仕事だと、見当がつかない方も多いと思います。それでは、CRA(臨床開発モニター)の「年収・給料」を詳しく見てみましょう。

お金CRA(臨床開発モニター)の給料・年収

CRAの給料と年収について知りたい方はこちらをチェック。

CRA(臨床開発モニター)の平均年収は約620万円。

CRAの年収

※CRAは180名、CRCは120名のCRAばんく・CRCばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。
※薬剤師・MR・看護師・臨床検査技師は2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して算出。

CRA(臨床開発モニター)の年収

未経験からCRA(臨床開発モニター)を始めた場合、初年度の給与は月収25~30万円+賞与4~6ヶ月、年収は残業代や出張手当を含めて450~500万円前後が多いです。3年目は月収27~32万円で年収500~600万円前後、5年目以降は月収33万円以上で年収600~1000万円前後が多いです。

CRA(臨床開発モニター)の給料の特徴は、所属する会社の資本が「日本」か「海外」かによって大きく異なることです。内資系(日系)企業で働いていた方が外資系へ転職したところ、年収が100~200万円前後上がることは珍しくありません。

では、以下でCRA(臨床開発モニター)の給料と年収を、未経験者と経験者に分けて詳しく解説します。また、企業別の年収と、年収がアップした転職事例も合わせて解説します。

CRA未経験者の給料・年収 CRA経験者の給料・年収 企業別の給料・年収 給料・年収アップ例

初心者CRA未経験者の給料・年収について

CRA未経験者の給料はそれほど差はないようですね。

CRA(臨床開発モニター)未経験者の年収は450万円前後が最も多い。最低は年収330万円、最高は年収570万円となっており、年収200万円以上の大きな差がある。

CRA(臨床開発モニター)未経験者の年収

初めてCRA(臨床開発モニター)になる場合は、「臨床経験年数」「社会人の経験年数」「年齢」「持っている資格」「勤務地」「応募する会社の規模」「英語力」「一人暮らしか実家住まいか」「面接での評価」など、色々な要素によって給料・年収が決まります。

応募する会社が異なると「提示された年収が100万円前後も違っていた!」なんてこともありますので、応募する会社はご自身の経験や資格を考慮して慎重な選択が求められます。

ただし、同じ応募先に限れば、経験や年齢による給料の差はほとんどありません。なぜなら、未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職する場合、多くの応募者は「社会人経験3~5年前後」のため、キャリアに違いがないからです。また、資格による年収の差は薬剤師が少し高いぐらいで、気にするほどの差はありません。

未経験からCRAへ転職した時の年収

※100名のCRAばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。(残業代を含む)

大手CROの初年度の年収は残業代などを含めて430~550万円となっており、会社によって大きな差があることが分かります。中小CROの初年度の年収は残業代を含めて360~450万円となっており、大手よりも50~100万円ほど年収が低くなっています。外資系CROの初年度年収は450~520万円となっており、会社による差は小さくなっています

薬剤師薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の給料・年収について

薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、年収は大手への転職では約35万円ほど上がるが、中小への転職では約35万円ほど、下がることが多い。

薬剤師とCRAの年収比較(20代)

※100名のCRAばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。
※薬剤師は2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して算出。

薬剤師出身CRAの年収

厚生労働省の平成28年度賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収は20代で438万円となっています。

薬剤師が未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、初年度の平均年収は大手のCROが約475万、中小のCROが405万円、外資系のCROが約485万円ですから、薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の年収は、大手や外資系では約35~45万円ほど上がりますが、中小では約35万円ほど下がることになります。

CRA(臨床開発モニター)の年収は薬剤師よりも高いため、仮に転職直後は年収が下がったとしても、5~10年後には薬剤師の年収を上回る可能性が高いと言えます。

薬剤師のCRA求人はこちら
薬剤師のCRAの求人募集
薬剤師出身のCRAの年収・給料に関するコメント
生涯年収にこだわる薬剤師にとって、将来的に薬剤師よりも年収が高くなる可能性があるCRA(臨床開発モニター)への転職は魅力的に映るようです。

ただし、薬剤師のように家の近くで週2~3回ほど働く勤務スタイルを選ぶことは難しいため、長期にわたってフルタイムで働く意思のある薬剤師が、CRA(臨床開発モニター)への転職を検討されることが多いようです。

薬剤師MRからCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の給料・年収について

MRからCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、年収は大手への転職ではほとんど変わらないが、中小への転職では約65万円ほど、下がることが多い。

MRとCRAの年収比較(20代)

※100名のCRAばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。
※MRは2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して算出。

MR出身CRAの年収

MRの平均年収は20代で471万円となっています。

MRが未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、初年度の平均年収は大手のCROが約475万、中小のCROが405万円、外資系のCROが約485万円ですから、MRからCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の年収は、大手や外資系ではほとんど変わりませんが、中小では約65万円ほど下がることになります。

MRは最も年収が高い職種の一つですが、CRA(臨床開発モニター)の年収もMRに負けず高いため、仮に転職直後は年収が下がったとしても、5~10年後にはMRと同等の年収をもらえる可能性が高いと言えます。

MRのCRA求人はこちら
MRのCRAの求人募集
MR出身のCRAの年収・給料に関するコメント
男性のMRの多くが、年収が下がることを嫌がりCRA(臨床開発モニター)への転職をあきらめます。年収にこだわりがあるMRは、CRA(臨床開発モニター)へ転職することは避けたほうが良いと言えます。

看護師看護師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の給料・年収について

看護師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、年収は大手への転職では約50万円ほど上がるが、中小への転職では約20万円ほど、下がることが多い。

看護師とCRAの年収比較(20代)

※100名のCRAばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。
※看護師は2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して算出。

看護師出身CRAの年収

厚生労働省の平成28年度賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は20代で427万円となっています。

看護師が未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、初年度の平均年収は大手のCROが約475万、中小のCROが405万円、外資系のCROが約485万円ですから、看護師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の年収は、大手や外資系では約50~60万円ほど上がりますが、中小では約20万円ほど下がることになります。

CRA(臨床開発モニター)の年収は看護師よりも高いため、仮に転職直後は年収が下がったとしても、5~10年後には看護師の年収を上回る可能性が高いと言えます。また、CRA(臨床開発モニター)は夜勤がありません。看護師の給料から夜勤手当を引いて、CRA(臨床開発モニター)の給料と比較をすると、年収の差はさらに大きくなると言えます。

看護師のCRA求人はこちら
看護師のCRAの求人募集
看護師出身のCRAの年収・給料に関するコメント
看護師からCRA(臨床開発モニター)への転職では、初年度から同じぐらいの年収が期待できるだけでなく、将来的には看護師を大きく上回る年収が期待できそうです。

ただし、CRA(臨床開発モニター)は出張が多く、拘束時間も長くなることが多いため、給料が増えた分だけ労働時間も増えたような感覚に陥る看護師が多いようです。

臨床検査技師臨床検査技師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の給料・年収について

臨床検査技師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、年収は大手への転職では約100万円ほど、中小への転職では約40万円ほど、上がることが多い。

臨床検査技師とCRAの年収比較(20代)

※100名のCRAばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。
※臨床検査技師は2016年の賃金構造基本統計調査のデータを独自に加工して算出。

臨床検査技師出身CRAの年収

厚生労働省の平成28年度賃金構造基本統計調査によると、臨床検査技師の平均年収は20代で362万円となっています。

臨床検査技師が未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、初年度の平均年収は大手のCROが約470万、中小のCROが400万円、外資系のCROが約480万円ですから、臨床検査技師からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合の年収は、大手や外資系では約100万円ほど、中小では約40万円ほど上がることになります。

臨床検査技師が未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職した場合、初年度から給料・年収が上がる可能性が高いです。しかも、CRA(臨床開発モニター)は経験を積むと、臨床検査技師よりも大きく年収が上がるため、臨床検査技師はCRA(臨床開発モニター)へ転職すると給料・年収が大きく上がると言えます。

臨床検査技師のCRA求人はこちら
臨床検査技師のCRAの求人募集
臨床検査技師出身のCRAの年収・給料に関するコメント
臨床検査技師はCRA(臨床開発モニター)へ転職できる可能性が小さく、転職を諦めざるを得ない場合も多いです。

そのため、まずはCRC(治験コーディネーター)として経験を積んだ後に、CRA(臨床開発モニター)を目指す方も見られます。

経験者CRA経験者の給料・年収について

管理職経験があると給料が大幅にアップするようです。

CRA(臨床開発モニター)経験者の年収は400~800万円の方が多い。管理職になれば800万円以上も狙える。

役職 年収
なし、一般 ~700万円
リーダー 600万円~900万円
マネージャー 800万円~1400万円

CRA経験者の年収

※120名のCRAばんく・CRCばんくの口コミ・アンケート調査データを基に算出。

CRA(臨床開発モニター)経験者の年収

CRA(臨床開発モニター)経験者の給料・年収は「CRA(臨床開発モニター)の経験年数」「試験の数」「担当した領域」「グローパル試験、ICCC、QC、再生医療、CRO管理などの業務経験」「英語力」「部下の育成経験」「チームのマネジメント経験」「面接の評価」など、主にCRA(臨床開発モニター)として「どのような経験を積んできたか」によって決まります。

特に「1)管理職経験の有無 2)オンコロジーなど拡大する疾患領域での経験 3)英語力」の3つは年収の金額を大きく左右する要素です。

なぜなら、拡大している組織では管理職経験者の不足が顕著ですし、同様にオンコロジーや中枢神経系疾患などの領域の経験者も不足しています。また、国際共同治験の増加に伴い、英語力の高い人を求める企業も増加しています。

ですので、給料アップを狙うには職務経歴書や面接でCRA(臨床開発モニター)としての経験と実績を上手にアピールすることが必要です。

CRA(臨床開発モニター)は一つの会社に長くいるよりも転職を2~3回重ねたほうが給料が上がることが多いです。特に外資系へ転職した場合は、年収が100~300万円増えることも珍しくありません。

CRO企業別の給料・年収について

CRAの平均年収とは違うので注意が必要ですよ。 CRO企業群

企業別で給料・年収を調べてみると、上場企業のCROのCRA(臨床開発モニター)の従業員の平均年収は600~700万円で推移しているところが多いようです。

CRO最大手の一社であるイーピーエス株式会社の平均年収が566万円(2014年7月)、大手の株式会社リニカルの平均年収が659万円(2018年2月)となっています。イーピーエスはCRA(臨床開発モニター)よりも年収が低いDM(データマネジメント)の比率が他社と比べて高いことが平均年収に影響しているようです。

シミックホールディングスとEPSホールディングスは持ち株会社ですので、必ずしもCRA(臨床開発モニター)の平均年収を表していませんので注意が必要です。

ランキング上場企業の平均年収一覧(2018年2月現在 yahoo!ファイナンス企業情報より)

企業名 平均年収 平均年齢
シミックホールディングス(株) 836万円 43.8歳
EPSホールディングス(株) 828万円 52.9歳
(株)リニカル 659万円 32.5歳

給料・年収アップ例

年収アップさせるためにはきちんとした経験が必要です。
年収:580万→600万 内資→外資
薬剤師としてCRA(臨床開発モニター職)を経験するも、担当プロジェクトの不満を解消できないことから転職活動を開始。幅広い領域を経験できることに魅力を感じ、高年収のまま転職に成功。(31歳:薬剤師)
年収:480万→620万 内資→外資
自社の新薬開発の将来性に期待できないことから転職活動を開始。前職の経験が評価され大手外資製薬企業のCRA(臨床開発モニター)職として大幅な年収アップを勝ち取り転職に成功。(30歳:薬剤師)
年収:630万→680万 内資→外資
臨床開発を10年経験した後に学術に異動。仕事内容に面白みを感じることが出来ずに、やりがいの高い臨床開発転職に戻るために転職活動を開始。臨床開発全般に関われる外資系の中堅メーカーに転職成功。併せて年収UPも勝ち取る。(35歳:薬剤師)
年収:550万→580万 調剤薬局→CRA
CRA(臨床開発モニター)として活躍していたが、働きやすさを優先して調剤薬局へ転職。しかし、仕事にやりがいを感じることができずに再度、臨床開発分野への転職を検討。無事に外資系のCRA(臨床開発モニター)職の内定を勝ち取る。(30歳:薬剤師)
年収:670万→750万 内資→外資
CROで臨床開発モニターのリーダーとしてリーダーシップを発揮し活躍。次の目標としてグローバルスタディーに挑戦するため、外資系の大手製薬企業の臨床開発モニター職に挑戦し、見事に内定を取得。リーダー経験が高く評価された。(31歳:MR)
年収:630万→750万 外資→外資
MRとして経験を積んだ後にCROのCRA(臨床開発モニター)へと転職。国際共同治験などの経験を積んだ後にに製薬企業のCRA(臨床開発モニター)へと転職。実績と高い資質が面接で評価され、年収を100万円以上アップさせることに成功。(33歳:MR)
年収:750万→750万 外資→内資
MRとして3年間勤務をした後に、外資製薬企業のCRA(臨床開発モニター)へ転職。臨床開発のキャリアを順調に重ねるが会社の方針転換により転職を決意、現職でのキャリアを評価され国内製薬臨床開発モニターのリーダー職として転職に成功。(34歳:MR)
年収:600万→700万 内資→外資
国内の製薬企業でMR職、臨床開発職を経験するも、自社の将来性への不安から転職活動を開始。外資系企業の幅広い領域を経験できるCRA(臨床開発モニター)職として大幅な年収アップを勝ち取る。(36歳:MR)
年収:400万→450万 CRC→CRA
大学卒業後、2年程度CRCとして勤務。その後、臨床開発モニター職へ転職を決意。CRCとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事に転職が成功。TOEICの転職時のスコアは680点。(25歳:看護師)
年収:500万→600万 外資→内資
病院で3年間の勤務後に外資系のCRA(臨床開発モニター)へ転職。組織力に不安を感じて、転職を決意。今後の発展性が高い、中堅の国内製薬企業へチャレンジし、見事に転職に成功。住宅手当があることも年収を押し上げた。(33歳:看護師)
年収:350万→480万 臨床検査技師→CRA
CRA(臨床開発モニター)職として勤務した後に、病院のコメディカル職に戻る。給料などの将来性の低さに疑問を持ち、再度、外資系のCRA(臨床開発モニター)へと転職。給料よりも再就職を優先したため、年収は前々職とほぼ同じ金額。(33歳:臨床検査技師)
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内
CRA(臨床開発モニター)の口コミ
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP