トップページ > CRA(臨床開発モニター)の仕事内容 > 製薬メーカー(製薬企業)のCRAとCROのCRAの違い

製薬メーカー(製薬企業)のCRAとCROのCRAの違い

製薬メーカーのCRAとCROのCRAの違い

CRA(臨床開発モニター)が所属する会社の種類は主に製薬メーカー(製薬企業)とCROに分けられます。こちらでは製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)と、CROのCRA(臨床開発モニター)の違いを様々な角度から検証します。

クエスチョンマーク製薬メーカー(製薬企業)のCRAとCROのCRAの違い

製薬メーカーのCRAとCROのCRAの違いは何でしょうか。

「製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)」「CROのCRA(臨床開発モニター)」のどちらも一長一短があります。製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)の主なメリットは、給与が高い、臨床開発に深く関われる、などに対して、CROのCRA(臨床開発モニター)の主なメリットは様々な領域を経験できる、出世しやすい、などです。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの仕事内容の違い

製薬メーカーは深く、CROは広くといった感じかしら?

医薬品の開発に深く携われる製薬メーカー(製薬企業)、幅広い領域の臨床開発を経験できるCRO

製薬メーカー(製薬企業)は医薬品の研究から販売までを自社で行っています。そのため、製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)は会社の都合のよって臨床開発業務だけでなく、研究や販売などの臨床開発以外の業務を行う場合があります。製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)にとってモニタリングは数ある業務の一部という位置づけであり、モニタリング以外の業務に携わる時間が多くなります。また、自身ではモニタリングを行わず、CROの管理やスタディマネジメントなどの臨床医開発全体の管理業務に携わる機会が増えます。臨床開発の企画から承認申請までの臨床開発全体に携われる機会があるため医薬品の開発に深く携われると言えます。

製薬メーカー(製薬企業)はライセンス契約を交わした他社の医薬品の開発を行うこともありますが、基本的には自社製品の開発のみを行っています。そのため、製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)が携われる領域は自社が開発している医薬品の範囲に限られます。例えば、糖尿病に特化した製薬メーカー(製薬企業)に所属しているCRA(臨床開発モニター)は基本的には糖尿病以外の医薬品の開発業務に携わることができません。

その結果、製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)は特定領域の医薬品の開発業務に精通することになります。また、自社が開発している新薬への愛着が湧きやすく、関わった新薬が上市されるときには大きな喜びを得られます。

それに対してCROは医薬品の臨床開発業務のみを行っています。そのため、CROのCRA(臨床開発モニター)の主な業務はモニタリングとなり、プロトコルの設計などの企画業務や、当局(PMDA、厚生労働省)対応などの薬事業務などのモニタリング以外の業務に携われる機会は少なくなります。

CROは様々な製薬企業の臨床開発業務を行っています。そのため、幅広い領域の開発業務に携われます。

その結果、CROのCRA(臨床開発モニター)は幅広い領域のモニタリングに精通することになります。また、CROは成長業界と言われており、毎年10%以上の高い成長率を維持している会社も珍しくありません。そのため、CROのCRA(臨床開発モニター)は製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)よりも若くして出世できるチャンスが大きいと言えます。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの仕事内容の違いに関するコメント1
中小の製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)は数十年以上、同じ領域の医薬品の開発業務のみにしか携われない場合があります。その場合、他社では活用できない汎用性の低い知識やスキルしか身につけることしかできません。また、自社で開発している新薬への興味が低いと、すぐに仕事に飽きてしまい、モチベーションが低いまま仕事を長期に渡って続けなければなりません。
製薬メーカー(製薬企業)とCROの仕事内容の違いに関するコメント2
CROのCRA(臨床開発モニター)は医薬品の開発業務の一部のみにしか携われないため、医薬品開発の全体像が見えづらくなります。そのため、新薬開発に対して高いモチベーション維持し続けることが難しくなります。また、様々な領域の医薬品の開発に携わるため、自分が関わった医薬品に対して強い愛着を持つことが難しくなります。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの労働環境の違い

製薬メーカーのCRAほうが働きやすそうですね。

製薬メーカー(製薬企業)のほうがCROより恵まれている場合が多いが、雇用の安定性に一抹の不安がある

年収や福利厚生については製薬メーカー(製薬企業)のほうが恵まれていると言えます。

大手製薬メーカー(製薬企業)の平均年収は1000万近い会社もあり、あらゆる業種や職種の中でもトップクラスと言えます。また、住宅手当などの福利厚生も充実しているため、製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)はCROのCRA(臨床開発モニター)よりも良い労働条件で働けると言えます。CROの労働環境は大手のCROであったとしても、中小の製薬メーカー(製薬企業)と同等であることが多いです。

ただし、雇用の安定性に関しては必ずしも製薬メーカー(製薬企業)のほうが良いとは言えません。なぜなら、製薬メーカー(製薬企業)が安定的かつ継続的に新薬を開発することは容易ではないからです。

製薬メーカー(製薬企業)は開発競争の激化や特許切れなどで業績が低迷すると、新薬を開発するペースが鈍くなり、臨床開発の部署を縮小する必要に迫られます。その結果、製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)は臨床開発以外の部署に配置転換が行われたり、リストラされたりする可能性があります。他にも今まで自社で臨床開発業務を行っていた製薬メーカー(製薬企業)がCROへ外注する決定をしたり、外国に本社がある製薬メーカー(製薬企業)の日本法人が日本から撤退したりすると、臨床開発業務の部署の縮小が行われたり、部署が閉鎖されたりする可能性があります。また、製薬業界は買収や合併も盛んであるため、買収された側のCRA(臨床開発モニター)は配置転換なども含め削減される可能性が高いです。このように製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)の雇用は安定しているとは言いにくいです。

それに対して、CROは多くの製薬メーカー(製薬企業)から開発業務を受託しているため、一部の製薬メーカー(製薬企業)からの受託がなくなったとしても影響は軽微で済みます。

そのため、安定性に関しては中小の製薬メーカー(製薬企業)よりも大手CROのほうが高いと言えます。実際に中小の製薬メーカー(製薬企業)に所属していてリストラや部署の縮小により本人の意思に反して退職させられたCRA(臨床開発モニター)の方は結構、いらっしゃるのが実情です。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの労働環境の違いに関するコメント1
CROは製薬メーカーから業務を請け負って仕事を行っているため、製薬メーカーよりも発言権が弱くなります。実際に製薬メーカーから無理難題を言われ苦労した経験があるCROのCRA(臨床開発モニター)も多いはずです。製薬メーカーで働くことができれば、指示される立場から指示する立場になるため、自分がえらくなったと感じるCRA(臨床開発モニター)もいらっしゃるようです。また、一般的にもCROよりも製薬メーカーは地位が高いと言われており、より高いプライドを持って仕事へ取り組めます。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの応募条件の違い

未経験からCRAを目指すならCRO一択ですね。

製薬メーカー(製薬企業)の応募条件はCROよりも厳しい

中途採用の場合、CRA未経験者の応募先は必ずCROとなります。なぜなら、製薬メーカー(製薬企業)がCRA未経験者を中途で採用することは極めて少ないからです。それに対して、CROはCRA未経験者にも応募の機会を与えている場合が多いため、CRA未経験者がCRA(臨床開発モニター)を目指す場合の応募先の多くはCROになります。

CRA経験者にとってはCROへの転職が比較的、容易であるのに対して、製薬メーカー(製薬企業)への転職は容易に進みません。なぜなら、そもそもの求人数が少ないため、数少ない製薬メーカーの求人に対してCROのCRA(臨床開発モニター)の応募者が殺到することになり、競争倍率が非常に高くなってしまうからです。他にも、製薬メーカー(製薬企業)の得意領域とCRA経験者の経験してきた領域が合致している必要があったり、より高い学歴や英語力などが必要であったり、CROよりも厳しい応募条件を満たす必要があります。

製薬メーカー(製薬企業)とCROの応募条件の違いに関するコメント1
製薬メーカーへ転職できるかどうかはタイミング次第と言えます。求人数が少ないうえに、自分に適した求人である必要があります。すぐに転職できる人がいる一方で、数年待っても転職できない人も多くいらっしゃいます。より多くのプロジェクトを受注したいために積極的に採用活動を行っているCROの募集とは、明らかに異なります。

表製薬メーカー(製薬企業)とCROの比較一覧表

製薬メーカーとCROでは他にどのような違いがあるのかしら。
製薬メーカー(製薬企業) C R O
  • 特定領域の臨床開発に深く携わる
  • モニタリング以外の業務も多い
  • CRO管理やスタディマネジメントの比率が増える
仕事内容
  • 広い領域のモニタリングに携わる
  • モニタリングが業務の中心
狭い 領域 広い
1~5 担当するプロトコル数 1~2
チャンスが小さい 出世 チャンスが大きい
グローバルプロジェクトを担当したり、外資系に勤めると英語の使用頻度は高くなる。一般職レベルから英語を話せる人が多い。 英語の使用頻度 グローバルプロジェクトを担当したり、外資系に勤めると英語の使用頻度は高くなる。管理職レベルになると英語が話せて当然と言った雰囲気。
大手の製薬メーカー(製薬企業)は極めて高い 給料 高い
普通 残業時間 製薬メーカー(製薬企業)より多い場合がある
整っていることが多く、住宅手当もある場合が多い 福利厚生 整っていることが多いが、住宅手当はない場合が多い
まあまあ取得しやすい 有給 取得しやすい
中小規模の製薬メーカー(製薬企業)は不安定 雇用の安定性 小規模のCROは不安定
理系院卒、理系大卒の順で多い(博士もいる) 学歴 理系大卒、理系院卒、医療系専門(短大)卒の順で多い
CRA未経験者が応募できるのは新卒時のみで、中途では基本的には応募不可 応募条件 CRA未経験者も応募可能な場合がある
極めて高い 転職難易度 高い
男性のほうが多い 男女比 女性のほうが多い
  • パイプラインが減ってきた
  • CROの人頑張って
口癖
  • すっごい忙しい、すっごい暇
  • 症例登録が進まない

マル製薬メーカーのCRAを選んだ理由

製薬メーカーはCRA経験者に人気があるようです。

製薬メーカーのCRAを選んだ理由ベスト3

1位
医薬品の開発に深く携われる
2位
年収、福利厚生が整っている
3位
ステータスが高い

製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)を選んだ理由の1位は「医薬品の開発に深く携われる」です。モニタリングだけでなく、臨床開発全体に携われるため、本気で医薬品開発に取り組みたい方にとっては、どうしても製薬会社で働きたいという声が目立ちました。
2位は「年収、福利厚生が整っている」でした。より高い年収、より働きやすい環境を求めるCRA(臨床開発モニター)にとって製薬メーカー(製薬企業)の高い年収と、整った福利厚生は魅力的のようです。
3位は製薬メーカー(製薬企業)で働くという、高いステータスに惹かれて、製薬メーカー(製薬企業)を選んだ方が多いようです。

声製薬メーカーのCRAを選んだ人の声

医薬品の開発に深く携われる
CROの場合、製薬メーカー(製薬企業)から受託できる業務の範囲は「治験実施施設の選定以降」であることが多いです。それに対して、製薬メーカー(製薬企業)ではプロトコルの企画や設計、場合によっては化合物の計画過程にも参加できたりするため、医薬品の開発そのものに、臨床開発を通じて深く関われる点がとても魅力的です。また、自社製品の開発に携われるため、自らが関わっている医薬品に対する愛着も大きく、常にモチベーション高く仕事を行うことができます。
新たなステップアップとして
前職ではCROのCRA(臨床開発モニター)として長く働いてきました。役職にもつき5年が経過したころから、なんとなく次は製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)として働いてみたいと思うようになりました。仕事も慣れてきて、少しマンネリになっていたと思います。製薬メーカー(製薬企業)への転職は想像以上に大変でした。製薬メーカー(製薬企業)が求めている経験に少しでもマッチしないとすぐに不採用になるため、転職を諦めかけていた時に、自分の経験とマッチする求人と出会うことができ、無事に内定をもらうことができました。製薬メーカー(製薬企業)への転職は、事前に思っていたよりも大変でしたので、現在の製薬メーカー(製薬企業)で、できるだけ長く働きたいと考えています。
より高い年収をもらえる
長い期間、CROのCRA(臨床開発モニター)として働いていました。人間関係も良く、年収も順調にアップしており、特に不満はありませんでした。ただ、CRA(臨床開発モニター)の友人が製薬メーカー(製薬企業)への転職を成功させて、さらなる年収アップを狙っていることを聞いて、正直、うらやましく思っていました。応募をした求人は、その製薬メーカー(製薬企業)が過去に開発した領域ではなく、新たに力を入れているパイプラインのスタディマネジメントをしてほしいとの内容で、私の現在のCROでの経験が十分に生かせるものでした。複数回の選考を経て、なんとか内定をもらうことができました。転職先が外資系ということもあり、年収は初年度から大台を超えることになりました。年収が高い分、プレッシャーも大きいと思いますが、なんとか新しいプロジェクトを成功させたいと思っています。
製薬メーカー(製薬企業)の社員としてプライドを持って働ける
CROから1年かけて製薬メーカー(製薬企業)のCRA(臨床開発モニター)へ転職しました。製薬メーカー(製薬企業)の求人は応募条件が厳しく、なかなか私が応募できる求人が発生しなかったため、転職活動が長引きました。今までは製薬メーカー(製薬企業)から色々と無理難題を言われて大変でしたので、今後は、CROで働く人の状況を考慮して、一緒に仕事をできたらと考えています。また、製薬メーカー(製薬企業)の社員として、自社製品を開発しているプライドを持って働けるのは魅力です。自社製品があるというのは、やはり嬉しい気持ちがあります。

マルCROのCRAを選んだ理由

CROはCRA未経験者に人気がありますよ。

CROのCRAを選んだ理由ベスト3

1位
CRA未経験者が安心して学べる
2位
求人が多い
3位
出世できる

CROのCRA(臨床開発モニター)を選んだ理由の1位は「CRA未経験者が安心して学べる」です。初めてCRAへ転職するときは、不安が大きいものです。大手CROでは万全の研修体制が整っていることもあり、CRA未経験の私でも安心してCRAとして活躍できそうと、いう声が聞かれました。
2位には、求人数が多いため自分の希望条件に適した応募先を見つけられるという声が多いようです。
3位には、積極的にキャリアアップをしたい方や、製薬メーカー(製薬企業)での経験をCROで発揮して課長職以上を狙う方などが、CROの成長性に惹かれてCROを選んでいるようです。

声CROのCRAを選んだ人の声

CRA未経験者への教育が充実している点が大きかった
やっぱりCRA(臨床開発モニター)への転職は不安があります。全く違う仕事なので、チャレンジするにも勇気がいるし、「私なんかにできるのかなあ」と不安に思っていました。でも、応募者の多くがCRA未経験で、みんなきちんとした研修を受けて一人前になっていると聞いて、思い切ってチャレンジしてみようと思いました。やっぱり大手だけあって、独自の教材や研修システムなどもあり、安心して業務を覚えられました。専門の教育担当者がいるのも魅力です。
自分の希望する労働条件に合った求人がある
製薬メーカー(製薬企業)で主に臨床開発に携わっていましたが、育休から復帰後は過去の経験を生かせない、別の部署に配属となってしまいました。育児や家庭との両立を考えると、現在の会社では臨床開発に携わることは難しく、転職を検討するようになりました。CROは自分の家庭の状況をきちんと考慮していただける会社が複数あり、家族で話し合った結果、CROへ転職することに決めました。現在は残業が全くない環境で臨床開発の部署で働かせてもらっています。自分の都合を優先していただける環境があることがCROの魅力の一つだと考えています。
製薬メーカー(製薬企業)での経験をCROで生かす
製薬メーカー(製薬企業)で医薬品の開発に携わっていましたが、パイプラインの数が目に見えて減っており、業績も数年以上、下降の一途を辿っていました。そのため、将来が不安になり転職活動をを始めたところ、ちょうど新たなグローバルCROが日本に進出してきたタイミングで、部長待遇として誘われました。日本ではまだまだ小さいCROでしたが、世界では数十カ国以上で業務を行っており、今後は日本でも開発業務を加速させていくとの話でしたので、思い切って転職することにしました。入社した時は社員が20~30名しかいませんでしたが、現在では200名を超える規模まで成長し、今後もさらに成長を加速させていく計画です。人員不足で常に忙しいことが悩みですが、自分の経験をフルに生かせている実感があり、ダイナミックに会社の発展に貢献している実感があります。
製薬メーカー(製薬企業)の求人はCRA経験者のみとなっていた
CRA(臨床開発モニター)へ初めて転職するときには、製薬メーカー(製薬企業)なのか、CROなのかに特にこだわりはありませんでした。そもそも、製薬メーカー(製薬企業)へ転職したいという考えもありませんでした。とにかく、CRA(臨床開発モニター)になりたい気持ちが強かったので、CRA未経験の私でも採用してくれるところを優先して応募していきました。その結果、なんとか内定を取得することができたので、ほっと一安心しているところです。
CRA(臨床開発モニター)の掲示板

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内
CRA(臨床開発モニター)の口コミ
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP