トップページ > CRA(臨床開発モニター)の仕事内容 > CRA(臨床開発モニター)の離職率

CRA(臨床開発モニター)の離職率

CRA(臨床開発モニター)の離職率

CRA(臨床開発モニター)へ転職するときに気になるのがズバリ「離職率」です。特にCRA未経験者にとっては、初めての業界なので慎重になりますよね。
「よく募集しているのを見るんだけど離職率が高いから?」「出張が多いようだけどCRAは長く働ける?」「実際にCRAの方に話を聞いてみたいけど、周りにいないから分からない」「インターネットで調べてみるとCRA(臨床開発モニター)出入りは激しいと書いてあったけど本当なの?」などなど
そんなあなたの不安を少しでも減らすために、CRA(臨床開発モニター)の離職率について色々と調べました。転職活動の参考にしていただければ幸いです。

CRAの離職率 薬剤師の離職率との比較 MRの離職率との比較 看護師の離職率との比較 臨床検査技師の離職率との比較

退職申し出CRA(臨床開発モニター)の離職率

離職率は一番気になりますよね。実際はどうなんでしょうか?

CRAの離職率の全国平均は10~15%と推測される。近年は労働環境が整備され、離職率は大手企業を中心に一桁台へと推移している。

CRA(臨床開発モニター)の離職率について、きちんとした統計資料はありません。色々な資料から総合的に判断すると、全国平均の離職率は10~15%前後で推移していると推測されます。近年は臨床開発業界の成熟化にともない、福利厚生が充実するなどの労働環境が整備され、離職率はさらに低下傾向にあるようです。その結果、社員の10%が育児休業中という会社も出てきており、この数年で格段に働きやすくなったと言えるでしょう。

治験コーディネーター(CRC)の離職率はこちら
CRCの離職率

CRA(臨床開発モニター)の離職率は高い?

CRA(臨床開発モニター)の離職率が高いのにはいくつか理由があります。

離職率が高くなる主な理由

  • CRAの採用は都市部でのみ行われる
  • 女性比率が高い
  • CRA経験者に対する引き抜きが多い など

一つ目の理由は「CRAの採用は都市部でのみ行われる」からです。CRAの採用が行われるのは主に都市部に限られ、地方で求人が発生することはありません。一般的に都市部は地方と比較して社員の流動性が高いと言われており、採用の9割が都市部で行われているCRAは、どうしても離職率が高くなりやすくなります。

二つ目の理由は「女性比率が高い」からです。CRAの約半数が女性になります。特にCRAの中途採用の場合は年齢層が20代後にかたよる傾向があり、その結果として転職して数年以内に、結婚や出産などで退職してしまう人が増えることになります。

三つ目の理由は「CRA経験者に対する引き抜きが多い」からです。CRA経験者は非常に売り手市場となっており、優秀なCRAは製薬会社や他CROから「うちに来ませんか?」「弊社を手伝って欲しい」と声をかけられることも多くようです。そのため、給料UPや労働環境の好転を求めて同業他社へ転職される方が非常に多く見受けられます。

CRA(臨床開発モニター)の主な退職理由

次にCRA(臨床開発モニター)の主な退職理由を見てみましょう。

退職理由(《CRAばんく》の独自調査より) 割合
 ・良い条件の臨床開発会社、製薬会社、CRCへ転職 40%
 ・主人の転勤、結婚、出産など 30%
 ・残業や出張が多い 10%
 ・病院へ戻る 10%
 ・仕事についていけない 5%
 ・その他 5%

主に二つの理由「良い条件の臨床開発会社、製薬会社へ転職」「主人の転勤、結婚、出産など」が退職理由の4分の3を占めています。ここからCRA経験者の転職市場が、いかに売り手市場であるかが分かります。また、福利厚生が整っていても、結婚や出産を機にCRAを退職される方も多いことが分かります。CRAの仕事は出張が多いため、育児をしながら仕事を続けるにはかなりの工夫が必要で、出産後はCRCへと転職される方も多く見受けられました。

残業や出張が多いことを理由にあげられる方はわずか10%となっており、労働環境が以前に比べて大きく改善されていることが分かります。
他にはCRAの業務は覚えることも多く、高度な専門性が求められるため「仕事についていけなかった」という声も聞かれました。

CRA(臨床開発モニター)の離職率についての誤解

CRA(臨床開発モニター)は出張や残業が多くて、仕事が大変だから離職率が高いと思われている方が多いようですが、大手企業を中心に労働環境が改善された昨今では、出張や残業が原因による退職は非常に少なくなっています。

CRA(臨床開発モニター)の離職率が高い理由はCRA経験者の転職市場が極めて売り手市場になっているからであると言えます。CRA(臨床開発モニター)として優秀な結果を出していると、すぐに製薬会社や同業の臨床開発会社から誘いの声がかかります。CRA(臨床開発モニター)は転職すると給料が高くなることも多く、転職が非常に容易であることが、CRA(臨床開発モニター)の離職率を高めていると言えるでしょう。各社、引き抜き禁止の条項などを作成して、CRA経験者の引き抜きを防ごうとしていますが、なかなか効果はあがっていないようです。

また、CRA(臨床開発モニター)は女性の社員が半分ほどを占めています。出産後にCRA(臨床開発モニター)として戻る方もいらっしゃいますが、間接部門の事務職へ配属されることあります。その場合は、給料が大きく下がることも多いため、一旦、離職という選択を選ぶ方も多いようです。出産後の離職については、男性にはあまり関係のない部分ですので、「CRA(臨床開発モニター)は離職率が高いなあ」と誤解しないように注意したいです。

離職率を知るベストな方法は、面接で担当者に直接会って色々と話を聞いた上で、面接官や会社の雰囲気などの情報を中心に総合的に判断することであると言えます。

MR薬剤師の離職率との比較

薬剤師はパートで働く人が多いので離職率が高くなります。

薬剤師とCRA(臨床開発モニター)の離職率を比較してみましょう。

薬剤師の離職率を調べた正確なデータはありませんが、およそ10~20%と高めで推移していると思われます。なぜなら、薬剤師の半数以上は女性が占めるからです。女性の薬剤師は出産育児のタイミングで離職する方が多いため、薬剤師の離職率は全体的に高くなる傾向があります。

また、薬剤師の離職率はどこで働くかによって大きく異なります。最も離職率が高いのはドラッグストアで、高給と聞いて入ったけれども、レジ打ちや品物の整理など薬と全く関係のない仕事が多く、不規則な勤務もあって離職される方が多いようです。また、病院で働く薬剤師も、あまり給料が高くないこともあり、定着性が良いとは言えません。

調剤薬局の薬剤師の離職率は13~15%前後で推移しているようです。内訳は正社員の薬剤師の離職率は約9%前後、パートやアルバイト雇用の薬剤師の離職率は21%前後となっています。その中でも多くの店舗を展開している調剤薬局の離職率は15%を超えており、高くなっていると言えます。

以上のことから薬剤師とCRA(臨床開発モニター)の離職率にそれほどの差は見られない、もしくはCRA(臨床開発モニタ)のほうが離職率は低くなりつつある」と言えるでしょう。

薬剤師の主な退職理由

次に薬剤師の主な退職理由を見てみましょう。

退職理由(《CRAばんく》の独自調査より) 割合
 ・結婚・出産育児など 25%
 ・仕事の内容が不満 20%
 ・労働時間、休日等の条件が悪い 15%
 ・その他 10%
 ・人間関係が良くない 10%
 ・将来性が低い 10%
 ・給料が低い 10%

薬剤師は結婚や出産で退職して、数年後にパート雇用で戻る方が多いため、結婚や出産育児による退職が1位となっています。正社員として働き続ける薬剤師は少数のようです。
また、薬剤師の転職市場は売り手市場が続いているため、特にパート雇用で働く場合は仕事内容や労働時間、休日等に不満があり、転職を繰り返す方が多く見られます。

薬剤師のCRA求人はこちら
薬剤師のCRAの求人募集

MRMRの離職率との比較

MRは女性が長く働くには厳しい職場が多いようです。。

MRとCRA(臨床開発モニター)の離職率を比較してみましょう。

MRの離職率は会社によって5~25%と大きく異なっていることが特徴です。大手の内資系企業の離職率は低いところが多いのに対して、一部の外資系企業では離職率が20%を超えているところもあるようです。また、女性のMRは30歳を超えて働くことは難しい場合が多く、女性が長期的に就業するには厳しい環境であると言えます。

以上のことから「女性についてはCRA(臨床開発モニター)よりもMRのほうが離職率が高い」と言えるでしょう。

MRの主な退職理由

次にMRの主な退職理由を見てみましょう。

退職理由(《CRAばんく》の独自調査より) 割合
 ・精神的に辛い(立場・ノルマ・売上など) 35%
 ・条件の良いところへ 20%
 ・転勤が多い 15%
 ・勤務時間が不規則 5%
 ・スキルが身につかない 5%
 ・30歳を過ぎた女性がいない 5%
 ・非常識な人が多い 5%
 ・セクハラ・パワハラ 5%
 ・その他 5%

精神的に辛いことを理由に退職されるMRが最も多いようです。MRは医療業界では立場が極めて弱く、下僕のように扱われていると感じているMRの方が多数見受けられました。他にも会社の利益のために売上を強要されることへのジレンマを抱えていたり、1000社以上の製薬会社の競争の中で成果が出せないため厳しい立場におかれている方も見受けられました。精神的に強いなどのMRへの適性がない方は、仕事を続けることは難しいようです。
また、他の職種と比較して、3年毎に知らない土地へ行く転勤があったり、セクハラなど男尊女卑の文化が残っていたりして、女性が長期的に働きにくいという声も多く聞かれました。そのため、女性は結婚後に退職する率が極めて高く、30歳を超えた女性がいない職場もあるなど、MRは男性よりも女性の離職率が極めて高くなっているようです。

MRのCRA求人はこちら
MRのCRAの求人募集

看護師看護師の離職率との比較

看護師というと離職率が高いイメージがあります。

看護師とCRA(臨床開発モニター)の離職率を比較してみましょう。

看護師の離職率は日本看護協会のデータを見ると全国平均10~12%で推移しているようです。
東京や大阪などの都心部の離職率が14~15%前後と高いのに対し、地方の離職率は7~9%と地域により差があるようです。また、病院種類別では日赤や市民病院は離職率が低く9%前後、大学病院が12%なのに対し、医療法人や個人病院は15%~20%と離職率が高くなっています。患者に対する看護のゆとりが持ちやすい7:1看護比率の病院の離職率も低いようです。

以上のことから「看護師とCRA(臨床開発モニター)の離職率にそれほどの差は見られない」と言えるでしょう。

看護師の主な退職理由

次に看護師の主な退職理由を見てみましょう。

退職理由(都立病院看護職員退職アンケート結果より出典) 割合
 ・結婚 16%
 ・残業が多い、休みがない 27%
 ・課題、委員会が多すぎる 18%
 ・達成感がない 10%
 ・とにかく疲れた 13%
 ・病院運営に問題あり 7%
 ・条件の良いところへ 1%
 ・その他 8%

看護師の離職率は病院の種類と地域による差が大きいと推測されます。
病院は夜勤があり勤務時間や勤務曜日が不規則です。残業が多い病院も多く、疲れきっている看護師さんが多く見受けられます。夜勤に慣れることができない看護師は訪問看護やクリニックへ転職されるようです。
達成感を感じなくなった看護師は新たなキャリアを求め病院ではなく、CRA(臨床開発モニター)への転職を考える方もいらっしゃるようです。
反面、給与に対する不満はあまり聞かれないようです。

看護師のCRA求人はこちら
看護師のCRAの求人募集

臨床検査技師臨床検査技師の離職率との比較

臨床検査技師の離職率のデータは少ないです。

看護師とCRA(臨床開発モニター)の離職率にそれほど差がないことが分かりましたが、臨床検査技師とではどうでしょうか。次に臨床検査技師とCRA(臨床開発モニター)の離職率を比較してみます。

大学病院などの大手総合病院の正職員の離職率は3~5%と低く、大手総合病院の契約社員、個人が経営している総合病院やクリニック、健診センター、検査センターの臨床検査技師の離職率は10~20%と高いようです。
大学病院などの大手総合病院の正職員の中途採用の求人数は非常に少なく、中途で転職することは非常に難しいようです。心エコーや腹部エコーの経験を積むために病院を転々としている臨床検査技師も見受けられます。

以上のことから「病院の正職員を除くと、臨床検査技師とCRA(臨床開発モニター)の離職率にそれほどの差は見られない、もしくは臨床検査技師のほうが少し高い」と言えるでしょう。

臨床検査技師の主な退職理由

次に臨床検査技師の主な退職理由を見てみましょう。

退職理由(《CRAばんく》の独自調査より) 割合
 ・給料が低い 20%
 ・夜勤が多い、休日が少ない 15%
 ・正職員になれない 15%
 ・主人の転勤・結婚・出産など 15%
 ・雑用が多く、仕事内容がつまらない 10%
 ・業務が単調 10%
 ・条件の良いところへ 10%
 ・その他 5%

臨床検査技師の離職理由は職種による差が大きいと言えます。

例えば、検査センター(ラボ)で働く臨床検査技師は「夜勤が多い」「休日が少ない」「転勤がある」などが主な退職理由です。夜勤がある検査センター(ラボ)の場合は育児と仕事の両立が難しく、出産をきっかけに退職される方が多いようです。また、朝から晩まで誰とも会話をすることがない業務内容に不満を持つ、臨床検査技師の方もいらっしゃるようです。

その他には個人経営の総合病院やクリニックの臨床検査技師は、細かい雑用ばかりで臨床検査技師としての仕事をさせてもらえないなどの、仕事内容に不満をお持ちの方が多いようです。他には給与や休日などの労働条件が悪いことを理由に転職される方も多いようです。

また、健診センターで働く臨床検査技師は業務が単調、健診バスの出発時間が早いなどが主な転職理由です。センター内での勤務が中心の臨床検査技師は比較的離職率が低いようです。

大学病院などの大手総合病院で契約社員として働く臨床検査技師は、雇用の不安定さや給与が低いこと、正社員との待遇格差などに不満があるようです。反面、大学病院などの大手総合病院で正社員として働く臨床検査技師は福利厚生面なども充実しており、出産後も働く方が多く、不満の声はほとんど聞かれませんでした。

臨床検査技師のCRA求人はこちら
臨床検査技師のCRAの求人募集
クインタイルズ Quintiles
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内
CRA(臨床開発モニター)の口コミ
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP