トップページ > CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例 > 結婚に伴いMRから転勤がないCRA(臨床開発モニター)へ転職

結婚に伴いMRから転勤がないCRA(臨床開発モニター)へ転職

結婚に伴いMRから転勤がないCRA(臨床開発モニター)へ転職

写真
20代後半/女性
宮城県/2016年
MR
応募した数
約4社
面接を受けた数
約2社
転職活動の期間
約15週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
製薬メーカー 業種 CRO
MR 職種 CRA
約650万 年収 約490万
結婚を控えて、転勤がなく長期的に東京で働けるCRA(臨床開発モニター)へMRから転職しました。
大学を卒業後、製薬会社のMRとして働いていました。所属していた製薬会社は転勤が多く、宮城県の前にも福岡県や山口県などへの転勤を経験していました。

また、結婚を意識する方がおり、その方は東京に住んでいるため、所属会社へ東京への異動願いをお願いしたところ、残念ながら難しいとの返答があり、転職を検討し始めました。

最初は同じ業界である製薬会社のMRへ転職をしようとしたのですが、転勤があるところが多く、転職をためらっていました。また、CSOはエリアを限定した就業が可能だったのですが、製薬会社からCSOへ転職することに対して、違和感を感じていたところ、MRはCRA(臨床開発モニター)への転職も可能であることを知りました。

調べたところ、CRA(臨床開発モニター)は転勤もなく、営業職でないため結婚後も仕事を続けることが容易であるとのことでしたので、早速、転職相談へ申し込みをしました。

転職相談ではまず、CRA(臨床開発モニター)へ転職して良いMRへと良くないMRの説明を受けました。私は結婚を考えると当面の年収へのこだわりは少ないため、年収面では問題はなかったのですが、CRA(臨床開発モニター)に求められる最も大切な要素として事務処理の正確性との説明を受けた時には、果たして自分がCRA(臨床開発モニター)に向いているのか疑問に思うこともありました。なぜなら、私は主に中小病院や開業医を担当することが多かったため、正直に申し上げて事務処理の経験が少なく、事務業務もアバウトに行っていたからです。訪問先を計画して、訪問ノルマを達成すれば、報告書は簡単な記載だけで済み、喫茶店でさぼっていても何も言われることはありませんでした。コンサルタントのお話ではCRA(臨床開発モニター)は業務の間にそのような時間はなく、常に応募書類の作成やレビューに追われ忙しい毎日を過ごすとのことでした。MRの仕事は慣れれば楽な部分も多いので、果たしてCRA(臨床開発モニター)の仕事が自分に向いているかどうか半信半疑のまま、応募書類を準備して応募をスタートさせました。

応募1社目は幸いにも選考に通過して面接へと進めることができました。面接の内容はとても辛辣なもので、CRA(臨床開発モニター)へやりたい意欲が全く感じない、CRA(臨床開発モニター)への適性を感じないなど、今振り返れば圧迫面接だったと思います。結果は残念ながら不採用でした。

気持ちを入れ替えて引き続き応募を続けましたが2~3社目は連続して書類選考で不通過となり、あきらめようとも思っていたのですが、転職活動の状況を彼氏に伝えると「あきらめるな、東京で待っている」とのことでしたので、改めて応募書類を見直し、面接練習も積極的に参加をしたところ4社目の面接で無事に内定をもらうことができました。

私はどちらかと言えばアバウトな性格です。もし、MRからCRA(臨床開発モニター)への転職を検討されている方が他にいらっしゃるようでしたら、アバウトなままではMRからCRA(臨床開発モニター)へ転職することは難しいですと伝えたいです。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
CRA(臨床開発モニター)はMRと異なり転勤がありません。MRでも地域限定社員などの制度がある会社もありますが、MRの多くは地方も含めた数多くの営業所で日々、頑張っていらっしゃいます。そのため、MRのキャリアパスは色々なエリアで経験を積んだ後にオフィスのマネージャーになるというものであることが多く、東京や大阪で永続的にキャリアアップできるわけではありません。特に都会の出身者や結婚を控えているMRの場合は、転勤が多い仕事であることに対して将来的な不安を描くことが多いようです。特に地方へ飛ばされてしまうと、その思いは一層強くなってしまうようです。

CRA(臨床開発モニター)は東京や大阪でしか働くことができません。そのため、在宅勤務など特殊な制度を利用する場合を除けば地方で働くことが難しい仕事であると言えます。その反面、東京や大阪で働きながら様々なキャリアパスを経験できると言えます。

もし、転勤が多いことで将来を不安に思っているMRの方がいらっしゃいましたら、CRA(臨床開発モニター)への転職を検討されても良いかもしれません。

MR宮城県のMRのCRAの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
臨床開発求人がない

求人がない状況です。CRA(臨床開発モニター)の求人は発生していません。

近日中に求人が発生する可能性は低いようです。勤務地を広げて探すことを検討しましょう。

役立つ情報あわせて読みたいMR向けの記事や情報

CRAへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

宮城県の地域情報

特徴
宮城県は東北地方の中核都市です。カツオ・フカヒレといった数々の水産物が豊富にとれる漁港の町です。
他にも、牛タン・仙台牛・ササニシキなどの特産品があります。伊達政宗が築いた仙台城や日本三景の1つ、松島は観光地として有名です。

MR出身のCRAの口コミ

仕事のやりがい
グローバル試験やオンコロジー領域の仕事が多いため旬の経験を身につけられます。キャリアはつめる環境と言えそうです。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2017年)
面接
面接の雰囲気はビジネスライクな感じでした。

CRAの仕事内容や退職理由について色々聞かれました。後日お祈りの連絡あり。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2016年)
面接
面接の雰囲気は穏やかでした。退職理由や志望動機を聞かれました。医療の知識を問う試験もありました。

後ほどお祈りの連絡がありました。(株式会社リニカル/2016年)
面接
面接はかなり和やかな雰囲気で進みました。

聞かれた質問は以下になります。

・自己紹介とCRAを目指した理由
・クインタイルズを目指した理由
・なぜCRCではなくCRAなのか
・業務内容の説明(かなり深くまで)
・転職理由
・失敗の乗り越え方
・長所と短所
・納得いかないルールに従うか
・英語について

面接当日に内定と言われました。熟慮したうえ内定を受けることにしました。転職が難しいと言われていましたが、あっさりと内定をもらえていまし、逆に拍子抜けしてしまいました。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2017年)
年収・給料
給与は業界平均よりも高いと思う。
賞与等の評価は年2回、評価シートに基いて面談で決められる。業績が好調ということもあり、たいていは良い評価をもらえることが多いと思う。(株式会社リニカル/2013年)
仕事のやりがい
また、転職して間もないので、仕事のやりがいは良く分からないというのが正直なところです。MRよりは事務作業が圧倒的に多く、細かい部分のチェックも多いため、几帳面な人のほうが良いと思います。次から次へとやることが湧いてきます。(株式会社新日本科学PPD/2017年)
年収・給料
賞与とインセンティブの金額が多く、残業代も支給されるので、年収としてはまずまずといった感じです。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2016年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP