トップページ > CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例 > 調剤薬局からCROのCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

調剤薬局からCROのCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

調剤薬局からCROのCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

写真
20代後半/男性
東京都/2015年
薬剤師
応募した数
約9社
面接を受けた数
約3社
転職活動の期間
約9週間
満足度
口コミ評価4.5点
転職前 → 転職後
調剤薬局 業種 CRO
薬剤師 職種 CRA
約500万 年収 約400万
調剤薬局の薬剤師から外部就労のCRA(臨床開発モニター)へ転職できました。(薬剤師国家試験不合格2回)
薬科大学を卒業後、ドラッグストア併設の調剤薬局の薬剤師として働いていました。その後、在宅専門の調剤薬局へと異動になり最終的には管理薬剤師として業務に携わっていました。

管理薬剤師となってからは出勤時間が朝早くなり、終電で帰る時もしばしば発生していたため、次第に体力的に辛くなってきていました。妻が妊娠をしたり、年収の上昇を見込めなかったため、他の仕事を探し始めた時に臨床開発分野でCRA(臨床開発モニター)として多くの薬剤師が活躍していることを知りました。

まずは色々な情報収集をしたいと考え転職相談へ申し込みをしました。その後、一通りの情報提供を受けた後に、応募書類を準備して転職活動を始めました。

転職活動は不採用の連続で、本当にCRA(臨床開発モニター)へ転職できるのか疑心暗鬼の日々でした。不採用になる主な理由は薬剤師の国家試験に2回落ちている経歴にあることが多く、対策も立てることができませんでした。そのため、面接へと進んでも結局、不採用となる日々が続きました。

当初は受託系のCROへ応募していたのですが、未経験から応募できる求人がなくなったため、応募先を外部就労のCROへと切り替えて転職活動を続けました。調剤の薬剤師にはいつでも戻れるのに対して、臨床開発業界で働けるのは年齢を考えるとラストチャンスを考え、諦めずに転職活動を続けました。

そして9社目の応募(面接は3社目)でようやく内定をもらうことができました。年収は下がりましたが、CRA(臨床開発モニター)は未経験ですので、仕方がないと考えています。とりあえず、CRA(臨床開発モニター)になることができてほっと一安心しています。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
薬剤師であっても未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職するのは決して簡単ではありません。

こちらの方は薬剤師の国家試験に2回不合格となっている経歴に懸念を持たれて、なかなか内定を獲得することができませんでした。その結果、未経験から応募できる受託系CROは残念ながら全て不採用となってしまいました。

その後、希望年収を400万前後へと下げることに了承いただき、まずはCRA(臨床開発モニター)として経験を積むことを優先していただき、応募先を外部就労型のCROへ切り替えて転職活動を続けた結果、無事に内定をもらうことができました。

臨床開発の転職マーケットは売り手市場が続いていますので、CRA(臨床開発モニター)として2~3年経験を積めば、大手CROへ転職することが難しくありません。未経験からCRA(臨床開発モニター)への転職活動に苦戦されている方は、希望年収を下げたりして、まずCRA(臨床開発モニター)として経験を積むことを優先されると良いと思います。

薬剤師東京都の薬剤師のCRAの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
臨床開発求人数が普通

求人数が普通の状況です。CRA経験者を対象とした求人が中心で、CRA未経験者が応募できる求人は少なくなっています。

CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。特にCRA未経験者は、応募できる求人数が少ないため、すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。

CRAばんくがオススメする東京都の薬剤師の求人

CRAばんくがオススメする求人をご紹介

役立つ情報あわせて読みたい薬剤師向けの記事や情報

CRAへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。

    CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

東京都の地域情報

特徴
東京都は日本の首都であり政治・産業・文化の中心です。23の特別区(東京23区)と、26市5町8村からなっています。

2020年のオリンピック開催が決定し、盛り上がっています。また皇居やスカイツリーなど観光スポットが充実しています。

東京都の薬剤師の主な出身校

  • 昭和薬科大学
  • 星薬科大学
  • 昭和大学 薬学部
  • 武蔵野大学 薬学部
  • 東京大学 薬学部
  • 東京薬科大学
  • 明治薬科大学
  • 帝京大学 薬学部
  • 北里大学 薬学部
  • 慶應義塾大学 薬学部

薬剤師出身のCRAの口コミ

成長性・安定性
ITを利用した臨床開発サービスへと舵をきっており、他社CROとは方向性が少し異なる。メディサイエンスやメビックスなどを含めるとかなり大きな規模になり、他社と差別化ができているため、今後、大手とも十分に対抗できると思われる。(株式会社MICメディカル/2016年)
仕事のやりがい
外資系であるため、入社直後から英語力が求められる。研修資料が英語で記載されており、社内の連絡事項も英文メールが飛んでくる。SOPなども英語である。とは言え、入社時には高い英検2級程度があれば大丈夫なため、英語に自信があるわけではないが英語の基礎はあり、将来的には英語力を伸ばしたい人にとっては非常に良い環境。仕事をして2~3年が経過すると、自然に英語力が身につく。転職市場での価値も高まる。
社風としては風通しが良く、実力主義。実力がある人にとっては、昇進もしやすく、やりがいは高い。上司とは毎月面談があるため、相談もしやすい環境だと思う。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2014年)
人間関係
女性が多いので、女性にとっては働きやすそうです。とても自由な社風で上下関係にあまり気を遣う必要もありません。上使に対しても普通に「さん」づけでOKです。服装も外訪時以外は私服です。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2017年)
仕事のやりがい
英語が話せる人にとっては、色々な可能性がある会社です。グローバルスタディだけでなく、ICCC(治験コーディネーター(国内治験管理人)、メディカルライティング等の様々な部門があるため、やる気があれば幅広いキャリアをつむことが可能です。2週間程度の海外研修制度もあるため、英語が得意な人は是非、チャレンジしてください。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2014年)
成長性・安定性
会社は非上場なので、他の会社に買収される可能性は低いです。逆に買収する可能性も低いので、今後も中堅企業として歩むと思われます。そういう意味では手堅く安定性は高いです。(株式会社エスアールディ/2014年)
残業
外資系の製薬会社で働いていますが、残業は月に平均して30時間前後です。そこそこ忙しいですが、休日はしっかりと休めます。

宿泊が必要な出張は月に1回ぐらいで、日帰りがほとんどです。(株式会社イーピーメイト/2018年)
年収・給料
新卒採用をしている国内系CROの中では最初から高い金額がもらえる会社として知られている。(株式会社エスアールディ/2015年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRCばんく

PAGE
TOP