トップページ > CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例 > 調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

写真
20代後半/男性
神奈川県/2016年
薬剤師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約2週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
調剤薬局 業種 CRO
薬剤師 職種 CRA
約580万 年収 約500万
以前から興味を持っていた臨床開発業界へ調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職しました。
学生時代に臨床開発業界について学ぶ機会があり、薬剤師が活躍できることを知りました。新卒の時は治験コーディネーター(CRC)になろうと思い、いくつかSMOへ応募したのですが、色々あり結果として上手くいきませんでした。

その後、調剤薬局へ就職し、管理職なども経験させていただきましたが、やはり臨床開発業界で働きたい気持ちがあり、改めて転職活動を行うことにしました。

色々調べてみますと、薬剤師から治験コーディネーター(CRC)へ転職すると大きく年収が下がることが多いため、さすがに難しいと感じ、SMOではなくCROへの転職へと切り替えました。

転職相談へ申し込みをした後、応募書類の準備など行っていたところ、コンサルタントから大手CROが未経験者を大量に採用するという情報を教えてもらい、転職時期を前倒しして急いで応募したところ、無事に内定をもらうことができました。提示を受けた条件等も良かったのですぐに内定を承諾しました。今振り返ると、とても慌ただしい2週間でしたが、コンサルタントの薦めに従って良かったと思っています。

事前に考えていた時期よりも早く退職をする必要があったため、入社時期までに退職できるか不安だったのですが、コンサルタントのサポートを受けながら退職手続きを進めた結果、無事に退職の承認がおり、CRA(臨床開発モニター)へ転職できることができました。

今後は自身が携わった臨床開発で承認された医薬品を通して、より多くの患者様に貢献していきたいと考えています。また、専門知識や語学力なども合わせて磨いていきたいと思います。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
未経験からCRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、時には迅速に転職活動を行うことも求められます。

この方については、お問い合わせをいただいてすぐに大手CROからCRA未経験者を大量に採用するという情報が入ってきたため、転職希望時期を予定よりも早めていただき、応募をしていただきました。

現職の会社には少々ご迷惑をかける可能性がありましたが、応募者がCRA(臨床開発モニター)へ転職する強い意思をお持ちでしたので、転職活動が成功に終わることができました。

CRA(臨床開発モニター)への転職活動は長期化する場合もあれば、この方のように非常に短期間で終わることもあります。いずれもCRA(臨床開発モニター)になりたい強い意思が必要となります。

薬剤師神奈川県の薬剤師のCRAの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
臨床開発求人数が普通

求人数が普通の状況です。CRA経験者を対象とした求人が中心で、CRA未経験者が応募できる求人は少なくなっています。

CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。特にCRA未経験者は、応募できる求人数が少ないため、すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。

役立つ情報あわせて読みたい薬剤師向けの記事や情報

CRAへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
アンケート謝礼金のご案内

神奈川県の地域情報

特徴
神奈川県は人口が全国2位の県です。県庁所在地は横浜市です。

。東京湾沿いの横浜エリアは、本場の中華を堪能できる中華街や、夜景を楽しめるランドマークタワーなどがあり人気スポットです。

神奈川県の薬剤師の主な出身校

  • 横浜薬科大学

薬剤師出身のCRAの口コミ

成長性・安定性
会社は非上場なので、他の会社に買収される可能性は低いです。逆に買収する可能性も低いので、今後も中堅企業として歩むと思われます。そういう意味では手堅く安定性は高いです。(株式会社エスアールディ/2014年)
年収・給料
未経験者は450万プラス残業代からスタートです。traineeの次はCRA1、そしてSenior CRAへと昇格していきます。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2016年)
人間関係
個人主義だがアットホームな社風です。フレンドリーな方が多いので、社員間の横のつながりも結構あります。また、上下関係で悩むことは少ないと思います。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2015年)
福利厚生・休日
女性が働きやすい環境です。フレックス制度で、周囲に気兼ねなく帰る時間を決められます。育休取得率や復帰率も最近はほぼ100%です。(株式会社MICメディカル/2015年)
仕事のやりがい
魅力的な要素が多いCROである。以下は私がパレクセルを選んだ理由一覧。

・インターナショナル企業である
各部署のトップはグローバルであるため、部門ヘッドは英語が必須である。英語が流暢な社員も多く、自身のキャリアを高めるには容易な環境。
・先進的なITシステム
使いにくい部分はあるが、社内システムは英語でグローバルでシームレスなIT環境にある。ITへの投資も積極的に行われており、ITレベルは間違いなくトップクラス。中堅CROではとても太刀打ち出来ないと思われる。
・外資だがアットホームさを兼ね備える社風
確かに外資でドライな部分は多い。ただし、横のつながりや縦のつながりもあり自由でフレンドリーな社風。人間関係に悩むことは少なく、働きやすい空気感がある。
・社員教育の充実に力をいれている
パレクセルの弱点であった教育制度の充実に力を入れており、トレーニングの専門部署を立ち上げるなど、急速に環境を整備している。Eラーニングのライブラリも充実しており、教育環境がだいぶ整ってきた。
・過度な残業を減らす方向へ
パレクセルと言えば部署による残業の差が大きいと言われており、暇な部署は極めて暇、忙しい部署は極めて忙しいということが多かったが、極めて忙しいという状況にならないように会社が残業を減らす方向で動いており、実際にそのような残業過多の場面は少なくなった。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2015年)
年収・給料
最初は低いですが経験を積む毎にぐんぐんと年収は上がっていきます。(株式会社イーピーメイト/2017年)
教育研修制度
教育研修制度はきちんとしており、中途入社でも安心できる。仕事ができる上司も多く、色々と勉強になることが多かった。(シミック株式会社/2012年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP