株式会社リニカル
お気に入りに追加する お気に入りから削除する

CRA(臨床開発モニター)経験者

本社所在地:
大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1 新大阪ブリックビル10F
資本金:
2億1404万3500円
設立年月日:
2005年6月
従業員数:
962名 ※2018年4月末現在/連結
  • 土日休み土日休み
  • 業界大手業界大手
  • 研修充実研修充実

株式会社リニカル

株式会社リニカル

真のグローバル化を目指しています。

PR1
CNS(中枢神経系)とオンコロジー領域を中心に質の高い治験を行っています。
PR2
定着率9割以上、研修も充実しています。
PR3
風通しの良い社風で働きやすさが抜群です。
PR4
スキルと志向性に合わせキャリアアップが可能です。
PR5
真のグローバル化を目指しています。

リニカルのイメージビジュアル

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
募集の背景
大手製薬会社から大きく信頼をいただいており、受注の拡大へとつながっているため、CRAを増員します。
仕事内容
医薬品の臨床開発におけるモニタリング業務

施設の選定から終了手続きまで、1つのプロジェクトに一貫して携わっていただきます。専任制ですので、他のプロジェクトと掛け持ちなどはなく、じっくりと薬やドクターと向き合える環境です。

【具体的には】
担当するのはフェーズ2、フェーズ3になります。

<第2相試験(フェーズ2)>
比較的軽度な少数例の患者さまを対象とし、有効性・安全性の確認と投与方法・投与量などについて調査・確認をします。

<第3相試験(フェーズ3)>
第2相試験の結果を踏まえて、多数の患者さまを対象とし、最終的な有効性・安全性や投与方法・投与量などを確認します。

大手製薬会社から受託した、グローバル試験を含むがん領域・中枢領域などの魅力的なプロジェクトが多数あります。リニカルは、豊富な医薬品開発経験を持つ人材による質の高いモニタリングを強みとし、新薬開発志向の大手製薬会社から高度なプロジェクトをリピート受託しております。

CNS(中枢神経系)とオンコロジー領域を中心に質の高い治験を行っています。

リニカルはCNS(中枢神経系)とオンコロジー領域を中心とした「フェーズ2」「フェーズ3」という新薬開発のコアな領域と業務に特化し、質の高い臨床開発を行っています。そのため、大手製薬会社から高い評価と大きな信頼をいただき、リピート受注へとつながっています。

中枢神経系(CNS)領域では実施中のものも含めアルツハイマー、パーキンソン、うつ、統合失調症、不眠症など主要な疾患の受託実績があり、がん領域も10件前後の受託実績を評価され、現在も多数の打診がある状況です。

定着率9割以上、研修も充実しています。

高いレベルの治験に携われるやりがいと、それに対する報酬で9割を超える定着率を誇っています。

また、中途採用者向けのスキルアップにも力を入れ、年間84時間を越える研修や国内外の学会に積極的に出席するなど、絶えずレベルアップが図れる教育システムを構築しています。加えて、国際共同治験の増加に対応し、TOEIC(R)テスト受験補助、TOEIC(R)テストのe-ラーニング受講補助、英語研修などもあります。

<研修の具体例>
・年間84時間以上の継続研修(月1回、全員が集まる研修会を実施)
・学会研修(国内学会、国際学会への参加)
・専門医師による講演(疾患別の講義 など)
・ロジカルシンキング研修、文章作成研修など(自己研鑽のツールとして)
・最新情報の勉強会(プロジェクト別に疾患などの最新情報を共有)
・英語研修(英語のモニタリング報告書作成や講師を招いての勉強会、TOEICテストのe-ラーニング など)

風通しの良い社風で働きやすさが抜群です。

リニカルでは20代、30代の若手が多数活躍しています。そのため、風通しの良い社風があり、働きやすさは抜群です。

また、品目ごとにチームを結成し、お互いがサポートしながらプロジェクトを進めるため、チームの結束が固く、分からないことは何でもすぐに聞けるフラットな環境です。

スキルと志向性に合わせキャリアアップが可能です。

20代では現場で活躍し、30代以降はプロジェクトをコントロールするサブモニターリーダーやモニターリーダーとして、マネジメントや後進の育成、クライアントの折衝などにも携わっていただくなど、スキルと志向性に合わせた昇格を行っています。

真のグローバル化を目指しています。

リニカルは日本発の唯一のグローバルCROとして、日本を中心にアジア、欧州、米国の3極でサービスを提供可能です。リニカルとして20か国程度、パートナーを通じてサービスを提供出来る国を含めると30か国程度においてサービスの提供が可能です。直近の受託案件ではグローバル案件が6割程度まで増加しております。

また、日本に国際事業開発本部を設置し、日本語、英語、母国語を含めたその他言語(韓国語、中国語、ドイツ語など)が堪能なマルチリンガル・メンバーを大阪本社および東京支社に多数配置し、海外メンバーと適切なコミュニケーションができる体制を整えています。

雇用形態
正社員(試用期間3ヶ月)※雇用期間の定めはありません。試用期間中の労働条件は変わりません
勤務地
大阪府 大阪市淀川区宮原1-6-1 新大阪ブリックビル10F

勤務地は希望に応じます。

転勤なし、U・Iターン歓迎

地図
最寄り駅
地下鉄 御堂筋線・JR「新大阪」駅徒歩3分
応募条件
・1年以上のCRA経験をお持ちの方

以下の条件に該当する方は歓迎します。

・癌・中枢神経系領域のご経験をお持ちの方
・国際共同治験に携わり、英語力を生かしたい方

給与
540万円~850万円
※月45時間相当分の固定残業代として、月7万1千円(月給27万円の場合)~月50時間相当分の固定残業代として、月12万5千円(月給42万5千円の場合)を月給に含んで支給

業界トップクラスの給与と待遇です。

頑張りが目に見えて評価されるため、やりがいがあります。賞与の前年実績は8ヶ月と、業界トップクラスの待遇です。

<給与例>
950万円/月額47万5000円(31歳モニター8年目・入社4年)
750万円/月額37万5000円(30歳モニター7年・入社2年)
630万円/月額31.5万円(28歳モニター5年目・入社2年)

昇給・賞与
昇給年1回(4月)、賞与年3回(昨年実績:8ヶ月)
勤務時間
9:00〜17:30

裁量労働制とはどのような働き方ですか?

出社・退社時刻やコアタイムのようなものは無く、実労働時間に関係なく一日9.5時間働いたものとみなす制度です。45時間の時間外手当相当分の手当が給与に含まれており、勤務時間が9.5時間に満たない場合でも減額されることはありません。また、この手当も賞与算定のベースとなっています。一方で、深夜残業や規定を超える休日出勤が発生した場合等は割増部分の手当が支給されます。なお、この制度を利用することで、ワーキングマザーでも働きやすい環境になります。

勤務時間備考
専門業務型裁量労働時間(1日のみなし労働時間9.5時間)
休日
完全週休2日
休日備考
土日祝、夏期休暇(3日)、年末年始休暇、GW休暇、年次有給休暇(入社後14日目に入社月から翌年3月までの月数分の有給休暇が付与されます。例えば、4月入社の場合は12日、10月入社は6日、1月入社は3日です。)、慶弔休暇、会社創立記念日(6月7日)、育児・介護休暇制度(入社1年後より対象となります。)、年間休日125日
福利厚生
各種社会保険(健康保険・雇用保険、労災保険、厚生年金)完備、通勤手当(全額支給)、定期健康診断、研修制度、出張日当、退職金制度、従業員持株会、社宅制度(入居時費用・更新費用負担)、クラブ活動(ゴルフ、野球、テニス、フットサル、スキー&スノボ、自転車、マラソン、釣り、登山など)

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
2005年6月
代表者
秦野 和浩
従業員数
962名 ※2018年4月末現在/連結
資本金
2億1404万3500円
事業内容
2005年に国内大手製薬会社で新薬開発に携わってきたメンバー9名にて設立されました。製薬メーカーの真のニーズに応えるため、新薬開発の中核となる領域と業務に特化し高精度な臨床開発業務を提供しています。

 ※東証一部上場企業

<主な取引先>
小野薬品工業、塩野義製薬、中外製薬、武田薬品工業、エーザイ、大日本住友製薬

<売上高>
91億1300万円(2018年3月期連結)
113億1300万円(2019年3月期連結)

<拠点別従業員割合>
大阪:東京 51:49

<平均離職率>
8.4% ※平成26年度

<平均年齢>
33.4歳(2019年2月末現在)

<男女比>
女性56.7%:男性43.3%

<管理職の女性比率>
38%(2018年12月20日時点)

<育児休業取得者数>
15人/女性の対象者15人中(2017年度実績)

<育児休暇後の復職率>
97%
本社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1 新大阪ブリックビル10F
ホームページ
https://www.linical.co.jp/hr/
会社の魅力
・アジア、欧米に20拠点以上展開する日本発のグローバルCROです。
2018年4月にUSのCRO「Accelovance,Inc.」をM&Aし、更なるグローバル体制拡大を進めています。日亜・米・欧3極における受託体制を確立し、真のグルーバルCROを目指しています。

・日本が主導するグローバル試験を行っています。
日本が主導して試験を行う体制の構築に取り組んでいます。リニカルの日本拠点に在籍する外国籍の方は10名以上、日本からヨーロッパへも複数名の社員が出向しています。

・業界屈指の高収益企業です
治験の最も大切な段階である第2相試験(フェーズ2)及び第3相試験(フェーズ3)における「モニタリング業務」に特化し、100%社内で受託できる体制を整備している事が特徴です。

・難易度が高い癌と中枢神経領域に強い
統合失調症、うつ病、アルツハイマー等の中枢神経系(Central Nervous System :CNS)領域やがん領域といった難易度の高い領域に注力する事で他社との差別化を図っています。

・GCPパスポート認定の取得を推奨
リニカルでは質の高い臨床開発を行うため、CRA全員にGCPパスポート認定試験を受けて頂いています。全体の合格率は7割前後のなかで、リニカルの社員の合格率は100%近くなっています。

・女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定取得済み
2017年3月に厚生労働大臣から「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」第9条に基づく認定(愛称「えるぼし」認定段階の最高位である3段階目)を受けています。また、厚生労働省が実施しているベビーシッター利用者支援事業制度を利用しており、補助金の支給も行っております。

在宅勤務制度があります。

リニカルでCRA(臨床開発モニター)として1年以上勤務された方は在宅勤務制度を利用できます。在宅での働き方は2つ「バックオフィススタッフ」「リモートワーク」があります。

・バックオフィススタッフ
産休育休を経て、会社に復帰するつもりだったが、お子さんが保育所へ入所できないかた、産休育休延長を余儀なくされたり、育休期間も満了で延長できない。本人又は配偶者の父母、子、祖父母、兄弟姉妹の介護が必要。→自宅にてCRAの経験を活かし、バックオフィススタッフとして勤務!

・リモートワーク
家族の転勤により、会社を退職せざるを得ない。→自宅を拠点に家族の転勤先でエリアCRA(リモートワーク)として勤務!

内定者の声
・内資系CROから転職してきたのですが、年収は20%ほど上がりました。製薬会社と同等程度の給与水準を設定し、「業績アップ分は率先して社員に還元する」のが会社の方針のようです。
仕事では常に高度なクオリティが求められるため、良い緊張感があります。役職が付くと給与水準は大きく上がるため、早くリーダーになれるよう頑張りたいと思います。

・つねに「相手を思いやる」姿勢がとても重要だと感じました。医療機関の方々とほぼ対等に話し合い、スムーズに臨床試験を進めていくには、最新の専門知識の吸収も欠かせないようですので、頑張りたいと思います。

チームワークが抜群です。

リニカルはチームで働くため、是認が一緒に目標に向かっていく団結力があると思います。そのため、人間関係が良いところが大きな特徴です。誰かが失敗しても、周囲のフォローや先輩のアドバイスがあるため、気持よく仕事に取り組むことができます。

社員の声
・リニカルはアジア、欧州、米国に拠点を設け、世界を舞台に成長を続けている若い会社です。自ら積極的にやりたいことを提案していける社風があります。そういった会社の環境が、社員の自己成長を応援してくれていると感じています。

・結婚や出産後も、長く活躍している女性も多く、働きやすい環境です。産休や育休も遠慮することなく取れますし、たとえば子どもが急な熱を出したなら、リニカルは裁量労働制なのですぐに帰ってあげることもできます。

出産・育児休暇の運用実績が豊富です。

出産・育児休暇の運用実績が豊富で、これまでに30人以上が利用されています。休暇から復帰後は、内勤サポートを経てCRAに復帰したものもいれば、そのままCRAに復帰した方もいます。

選考の流れ

内定を目指して頑張っていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1 書類選考・筆記試験
 ▼
ステップ2 面接(2回)
お気に入りに追加 お気に入りから削除

応募する

チェック条件が近い求人

別の会社の求人も忘れずにチェックしましょう。

成功大阪府の転職成功事例

他の方のCRAへの転職体験談も参考になります。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。

    CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

大阪府の求人状況

求人数
求人数は普通です。
難易度
CRA経験者を対象とした求人が中心で、CRA未経験者が応募できる求人は少なくなっています。
心構え
CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。特にCRA未経験者は、応募できる求人数が少ないため、すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。
特徴
CRA(臨床開発モニター)の応募者数と、求人数がつり合っているエリアです。そのため、CRA(臨床開発モニター)へ転職するチャンスが普通のエリアと言えます。

武田薬品工業株式会社や、小野薬品工業株式会社、あるいは外資系製薬メーカーのバイエル薬品株式会社などの多くの製薬メーカーの拠点が大阪府にあります。また、フェーズ1から販売後の臨床試験までをトータルして行う大阪治験病院などの治験に積極的に取り組む医療機関も多く存在します。そのため、CRA(臨床開発モニター)の求人も多く発生しています。
治験ネットワーク
平成13年度には大阪府医師会治験ネットワークが設置され、治験セミナーを開催するなど医師会が積極的に治験に取り組んでいることが大阪府の特徴です。また、大阪の5つの府立病院が共同して大阪府立病院機構治験ネットワークを構築しています。
勤務地
担当施設は大阪市の医療機関を中心に東大阪市、堺市等まで大阪府の広い地域にまたがっています。
CRAの人数
大阪府のCRA(臨床開発モニター)の人数はおよそ2000人以上と推測され、毎年50人前後の求人が発生していると予想されます。

大阪府に事務所があるCRO

大阪府に事務所がある製薬会社

大阪府の主な病院

リニカルの出身者の口コミ

成長性・安定性
成長意欲が高い人、仕事に貪欲な人は尊重される社風である。誠実さも求められるため、公平性は高い。(2018年)
成長性・安定性
複数のプリファード契約があるため、安定した受注が見込める。(2017年)
教育研修制度
教育制度は非常に充実していると思います。また先輩のフォローも多分に期待できるため、新卒でも不安なく仕事を覚えられます。(2017年)
面接
CRCとの違いを聞かれた。途中で返答が支離滅裂になってしまった。CRAへ転職する難しさを実感。(2016年)
福利厚生・休日
週2日まで在宅勤務が可能など働きやすい諸制度は整っている。(2019年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

お気に入り

閲覧履歴

検索履歴

CRCばんく

PAGE
TOP