トップページ > 求人検索 > CRA(臨床開発モニター)※CRA経験者-大阪府のCRA経験者求人

株式会社メディサイエンスプラニング
検討中リストに追加する

CRA(臨床開発モニター)※CRA経験者

本社所在地:
東京都港区赤坂一丁目11番44号 赤坂インターシティ
資本金:
5,000万円
設立年月日:
1982年9月20日
従業員数:
2017年1月末現在 1,085名(子会社含む)
  • 土日休み
  • 業界大手
  • 研修充実
  • フレックスタイム

メディサイエンスプラニング

株式会社メディサイエンスプラニング

独自の高付加価値サービスを提供するCROとして挑戦を続けます。

PR1
国際共同治験数は国内トップクラスです。
PR2
多くのプリファード契約実績があります。
PR3
チームの和を大切にしています。
PR4
ワークライフバランスを推進しています。
PR5
「ICCS室」支援体制について

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
仕事内容
モニタリング業務全般

【具体的には】
・治験の進行状況を監視(調査)し、治験が治験実施計画書、標準業務手順書(SOP)、GCP及び適用される規制要件に従って実施、記録及び報告されていることを保証する活動
・担当している治験実施施設の治験進行状況やCRFデータの内容を把握するために、治験実施施設への「訪問」や「電話」などの方法により行う情報収集業務 など

国際共同治験数は国内トップクラスです。

グローバルスタディにも積極的に取り組んでいます。日本企業でありながら、グローバルスタディの割合が高く、全体の5割前後がグローバルスタディとなっています。グローバル対応CRA(臨床開発モニター)の育成(海外研修・英語教育・認定資格)にも力を入れています。

多くのプリファード契約実績があります。

単独でプリファード契約をしている企業が複数あり、クライアントからの信頼も厚いです。

チームの和を大切にしています。

For the Teamのスローガンのもと、チームの和を大切にする文化があります。

ワークライフバランスを推進しています。

フレックスタイム制であることから、仕事の状況に応じて勤務時間を柔軟に調整することができます。また、社員が仕事とプライベートを両立させることができるなど、社員全員が風通しの良い働きやすい環境を創設することを目指し活動しています。さらに、毎週水曜日の「ノー残業デー」や長時間労働を監督する「レッドカード制度」の導入など、社員のワークライフ・バランスを実現するための施策を数多く取り入れています。

「ICCS室」支援体制について

ICCS室(インターナショナル・コミュニケーション アンド クリニカルシステム室)を設置し、モニタリング報告書・メール文章などの翻訳から国際電話会議、グローバル試験入札会での「交渉術」まで、社員に幅広いサービスを提供しております。また、入札会が海外で開催される場合は海外出張にも同行し、高度な英語力を必要とする場面でのサポート体制まで整えています。

雇用形態
正社員(試用期間6ヶ月)※雇用期間の定めなし
勤務地
大阪府 大阪市中央区平野町三丁目6番1号 あいおいニッセイ同和損保 御堂筋ビル
地図
最寄り駅
・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅8もしくは13番出口より徒歩6分
・地下鉄御堂筋線 本町駅1番出口より徒歩3分
応募条件
・CRA経験1年以上(オンコロジー領域の経験をお持ちの方は歓迎します)

入社後に研修を受けていただきます。

社内のモニター認定に必要な研修を受講頂きます。期間については1~2週間程度を予定しています。

給与
年収450万~

モデル年収

25歳/年俸430万円(モニター経験3年以上)、30歳/年俸570万円(モニター経験6年以上)

給与備考
通勤交通費全額(上限5万円)、時間外手当、職責手当
昇給・賞与
昇給年1回、賞与年2回
勤務時間
9:00~17:30
勤務時間備考
フレックスタイム制度(コアタイム10:00~15:00) ※平均残業時間は月15時間前後です。
休日
完全週休二日
休日備考
土日祝、年末年始、特別休暇、夏季休暇、慶弔休暇、育児休暇、介護休暇、子の看護のための休暇 ※年間休日120日以上
福利厚生
各種社会保険(健康保険・雇用保険、労災保険、厚生年金)完備、ベネフィットステーション(総合福利厚生サービス)、社員持株会、退職金制度、再雇用制度、永年勤続表彰制度、クラブ活動補助制度、資格取得支援(TOEIC試験料の全額支給とスコアに応じた奨励金制度)、社員懇親会の補助制度、社内無人販売コーナーの設置(飲料・食料品、日用雑貨等)

スポーツ同好会も盛んです。

「フットサル部」「ゴルフ部」「アウトドア部」などのスポーツ同好会も盛んで、休日にはみんなで楽しく汗を流しています。

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
1982年9月20日
代表者
浦江 明憲
従業員数
2017年1月末現在 1,085名(子会社含む)
資本金
5,000万円
事業内容
大手医薬品メーカーの臨床開発業務(モニタリング、DM、統計・解析、薬事コンサルティング、学術調査、品質管理・品質保証業務)の受託を行っています。

<オフィス>
東京、大阪、福岡

<得意な領域>
中枢神経、癌、生活習慣病、アレルギーなど

<平均年齢>
33.6歳(2016年12月1日現在)

<男女比>
男性:女性 57:43
(女性の管理職比率は31.5% ※2016年12月現在)

<新卒3年定着率>
90.8%

<有給休暇取得率>
78.3%(2016年)

<育児休業取得者数>
36人(2015年)

<月平均所定外労働時間>
16時間(2015年実績)

<加入団体>
日本CRO協会、日本QA研究会、大阪医薬品協会、CDISC

<グループ企業>
・株式会社シーポック
・株式会社MICメディカル
・メビックス株式会社
・株式会社イスモ
・ノイエス株式会社
・株式会社臨床医薬研究協会
・株式会社Integrated Development Associates
本社所在地
東京都港区赤坂一丁目11番44号 赤坂インターシティ
ホームページ
http://www.mpi-cro.co.jp/
会社の魅力
・CRO業界のパイオニアです。
CRO協会を立ち上げた4社のうちの一つになり、CROの中では歴史と実績がある会社になります。30年を超える歴史あるCROとして、お客様にワンストップサービスを提供し続けています。

・第1~4相までワンストップサービスが可能です。
幅広いサービスラインナップで、あらゆる側面からの支援が可能です。治験の国際化・多様化が加速するなか、幅広い支援業務に対応です。医薬品開発・食品試験のすべての局面で、豊富な専門知識と経験を持つスタッフが高品質かつ迅速なサービスを提供しています。

・トップが医師という安心感
メディサイエンスプラニングの代表は医師です。医療法人の立場で製薬会社から臨床試験を受託するなど多彩な経験を持っており、他社にはない安心感があります。

・医療機関との関係強化
国内大手SMOや大手医療法人グループとの提携により円滑な施設対応が可能です。

エムスリーのIT力を最大限に生かします。

医療従事者専門サイト「m3.com」を運営するエムスリー株式会社と、治験支援事業やCSO事業において双方の強みを活かした事業展開を共同で行っています。今後は医療ポータルサイトを提供するエムスリーの「医師ネットワーク」と「IT」の活用による治験の“e化”を実現し、独自の高付加価値サービスを提供するCROとして進んでいきます。

内定者の声
・様々なメーカーの試験を経験でき、中立的な立場で医薬品の開発に携われるCROに興味がありました。メディサイエンスプラニングは、「For the TEAM」の理念のもと、より良い薬を世の中に出すためにチーム全員で情熱をもって取り組んでいること、そして独自のCRAのサポート体制により非常に質の高い医薬品開発を実現している点に強く魅力を感じています。

・メディサイエンスプラニングを選んだ理由は「人の温かさ」です。面接を通じて、人事の方や社員・役員の方にとても温かく接していただき、メディサイエンスプラニングの人の温かさを感じました。

・フレックス制であることから、仕事の状況に応じて勤務時間を柔軟に調整することができます。そのため、社員が仕事と子育てを両立させられる働きやすい環境です。

何でも相談できる風通しの良い環境が魅力です。

治療法がなく悩んでいる患者様を目の当たりにし、新薬開発の仕事に携わりたいと強く思うようになりました。メディサイエンスプラニングは面接を通じて雰囲気や風通しの良さをかんじました。デスクにはパーテーション等がないため周囲の状況が見わたせ、何でも相談できやすい環境が整っています。

社員の声
・2007年からは、海外研修制度「Global Eye」を実施し、シンガポールや韓国など、主にアジア各国で「グローバルCROの現地支社とのモニタリング事情等に関する情報交換」と「治験受託経験が豊富な大規模病院の視察」をメインテーマとし、すべて英語でディスカッションを行っています。この海外研修によってますます国際化へ向かう治験へもきちんと対応しています。

グローバルスタディに強いです。

メディサイエンスプラニングはグローバルスタディの割合が多いです。そのため、CRAの英語対応や海外とのコミュニケーションをサポートするICCS室を設置しています。ICCS室ではニタリング報告書やメール文書などの英訳サポートをはじめ、国際電話会議やグローバルスタディ入札会における通訳として、高度な英語力を必要とされる場面をサポートします。

選考の流れ

内定を目指して頑張っていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1書類選考
 ▼
ステップ2面接(1~2回)
 ▼
ステップ3内定

チェック条件が近い求人

別の会社の求人も忘れずにチェックしましょう。

成功CRA経験者の転職成功事例

他の方のCRAへの転職体験談も参考になります。

役立つ情報あわせて読みたいCRA経験者向けの記事や情報

CRAへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。

    CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の「年収」を予想します。

    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 「臨床経験が少ない」「転職回数が多い」など、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。

    こちらではあなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の「書類選考の通過率」や「面接の合格率」を予想します。

    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした「悩み」や、ふとした「疑問」を気軽に掲示板で質問してみましょう。

    面倒な登録をしなくても、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。

    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

CRA経験者の転職状況と心構え

転職状況
製薬メーカーの開発ラッシュにより、CRA(臨床開発モニター)の転職市場は引き続き、売り手市場が続いています。

特にCRO各社は製薬メーカーが外注量を増やしているため、即戦力となるCRA(臨床開発モニター)経験者の採用を強化しています。

それに対して、製薬会社は新卒での採用を中心としており、中途採用そのものを行わないことが増えています。また、自社のCRA(臨床開発モニター)の数を今後、減らしていくと考えている会社が多く、製薬メーカーへの転職は引き続き、厳しい状態が続く可能性が高そうです。
心構え
現在のCRA(臨床開発モニター)の転職市場は、引き続き売り手市場が続いていますが、今後も同様の状況が続く可能性は低いと言えます。

なぜなら、CROの数自体は、再編・淘汰により減少の傾向にあり、業績が伸び悩むCROも増加しているからです。また、CRO・製薬メーカーのいずれも新卒採用を活発化しているため、中途採用の枠自体が大きく減っていく可能性があるからです。

CRA(臨床開発モニター)の売り手市場が続いている今こそ、条件の良いCROへ転職できるチャンスが大きいと言えます。

大阪府の求人状況

求人数
求人数が普通の状況です。
難易度
CRA経験者を対象とした求人が中心で、CRA未経験者が応募できる求人は少なくなっています。
心構え
CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。特にCRA未経験者は、応募できる求人数が少ないため、すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。
特徴
CRA(臨床開発モニター)の応募者数と、求人数がつり合っているエリアです。そのため、CRA(臨床開発モニター)へ転職するチャンスが普通のエリアと言えます。

武田薬品工業株式会社や、小野薬品工業株式会社、あるいは外資系製薬メーカーのバイエル薬品株式会社などの多くの製薬メーカーの拠点が大阪府にあります。また、フェーズ1から販売後の臨床試験までをトータルして行う大阪治験病院などの治験に積極的に取り組む医療機関も多く存在します。そのため、CRA(臨床開発モニター)の求人も多く発生しています。
治験ネットワーク
平成13年度には大阪府医師会治験ネットワークが設置され、治験セミナーを開催するなど医師会が積極的に治験に取り組んでいることが大阪府の特徴です。また、大阪の5つの府立病院が共同して大阪府立病院機構治験ネットワークを構築しています。
勤務地
担当施設は大阪市の医療機関を中心に東大阪市、堺市等まで大阪府の広い地域にまたがっています。
CRAの人数
大阪府のCRA(臨床開発モニター)の人数はおよそ2000人以上と推測され、毎年50人前後の求人が発生していると予想されます。

大阪府に事務所があるCRO

大阪府に事務所がある製薬会社

大阪府の主な病院

メディサイエンスプラニングの口コミ

年収・給料
年功序列の給与体系で毎年、少しずつ給料が上がっていきます。キャリアパスがはっきりしており、同期間での競争意識は低めです。比較的、まったりしている会社だと思います。(2014年)
人間関係
良く言えばまったりしている。ワークライフバランスを重視したい女性にとっては良い環境。(2018年)
残業
仕事の性質上、症例登録がたまっていたり、書類の修正に追われたりして残業が避けられない業務だと思いますが、残業が多くなると補助を行う人の配属があったりするので、会社としては勤務時間が増えすぎないように配慮をされていると思います。有給や代休も取りやすいと思います。(2016年)
退職
女性がまずまず働きやすい環境ではありますが、育休後はサポート的な仕事が主となります。そのため、薬剤師の資格がある人にとってはCROで働き続けるメリットは少なく、近所の調剤薬局てパートとして働いたほうが良いと考え退職しました。仕事は面白いのですが、なかなか難しいところですね。(2015年)
福利厚生・休日
およそ男女比が半々です。そのため、女性だから働きにくいということはありません。女性の管理職も数は多くありませんがいらっしゃいます。
出産後は時短制度を利用して働けるため、スムーズに職場に戻れる環境です。勤務時間に合わせて適切な部署に配属してくれる配慮もあります。女性優遇とまでは言いませんが、男女平等な雰囲気です。(2014年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP