トップページ > CRA(臨床開発モニター)の転職成功事例 > 北海道で調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

北海道で調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

北海道で調剤薬局の薬剤師からCRA(臨床開発モニター)へ転職成功

写真
20代後半/男性
北海道/2013年
薬剤師
応募した数
約1社
面接を受けた数
約1社
転職活動の期間
約4週間
満足度
口コミ評価5点
転職前 → 転職後
調剤薬局 業種 CRO
薬剤師 職種 CRA
約450万 年収 約500万
北海道で調剤薬局の薬剤師から未経験でCRA(臨床開発モニター)へ転職できました。
大学を卒業後、地元の調剤薬局で服薬指導業務を中心に従事していました。その後は新しい取り組みである在宅訪問薬剤師へと異動になり仕事に取り組んでいました。

しかし、調剤薬局の業務は薬を早く正確に調剤するということに重点がおかれ、あまり薬学知識を発揮する場面はありませんでした。患者様もとにかく薬を早く欲しいだけの方が多く、仕事内容にどこか足りなさを感じることもありました。

他にも調剤薬局の業務は閉鎖的な空間で仕事を行うため、限られた場所で働くことに対しても息苦しさを感じるようになっていきました。

CRA(臨床開発モニター)の仕事については大学時代に少し触れただけでしたが、改めて業務内容を調べてみると、新薬の開発に携われる大変やりがいの高い職種であることが分かりました。

また、過去に学んできた薬剤の知識や、医師・管理栄養士・MS・MRなどの多職種の方との調整力も生かせる仕事であることにも魅力を感じました。

札幌エリアということもあり、未経験者が応募できる求人は限られていましたので、コンサルタントの協力を得ながら万全の準備をしたうえで、内定を取りやすいタイミングを図り、選考を進めたところ、無事に内定を取得することができました。

成功のポイント成功のポイント

成功のポイント
北海道で未経験からCRA(臨床開発モニター)へ転職できた貴重な事例です。

内定を取得できた最も大きな要素は応募のタイミングであったと言えます。北海道は未経験者が応募できる求人が発生することがほとんどないうえ、応募先も限られています。

応募書類などの準備をきちんと済ませたうえで、応募のタイミングを気長に待っていたことが結果としてはCRA(臨床開発モニター)へ転職できた大きなポイントになりました。

薬剤師北海道の薬剤師のCRAの最新求人

あなたの自宅の近くで求人は発生していますか?
臨床開発求人がない

求人がない状況です。CRA(臨床開発モニター)の求人は発生していません。

近日中に求人が発生する可能性は低いようです。勤務地を広げて探すことを検討しましょう。

役立つ情報あわせて読みたい薬剤師向けの記事や情報

CRAへ転職する際に必要な知りたい情報が満載です。
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

北海道の地域情報

特徴
北海道は日本列島の北端にある大きな島です。県庁所在地は札幌市です。江戸時代には「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれていましたが、既存の七道に倣って「北海道」と命名されたようです。

47都道府県の中で最大の面積で、東北地方や九州地方よりも大きいです。美味しい食べ物と、癒やしスポットが多数あることでも有名です。

北海道の薬剤師の主な出身校

  • 北海道薬科大学 薬学部
  • 北海道大学 薬学部
  • 北海道医療大学 薬学部

薬剤師出身のCRAの口コミ

仕事のやりがい
外資系であるため、入社直後から英語力が求められる。研修資料が英語で記載されており、社内の連絡事項も英文メールが飛んでくる。SOPなども英語である。とは言え、入社時には高い英検2級程度があれば大丈夫なため、英語に自信があるわけではないが英語の基礎はあり、将来的には英語力を伸ばしたい人にとっては非常に良い環境。仕事をして2~3年が経過すると、自然に英語力が身につく。転職市場での価値も高まる。
社風としては風通しが良く、実力主義。実力がある人にとっては、昇進もしやすく、やりがいは高い。上司とは毎月面談があるため、相談もしやすい環境だと思う。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2014年)
年収・給料
新卒採用をしている国内系CROの中では最初から高い金額がもらえる会社として知られている。(株式会社エスアールディ/2015年)
人間関係
小さい会社ですが、産休育休・時短制度を利用しやすいようで、ママさんモニターも複数いらっしゃっいます。人間関係は良いです。(DOTワールド株式会社/2018年)
面接
職場が英語を使う環境であるため、抵抗がないかを聞かれた。その他には希望する疾患の領域や、困難と思える業務への取り組み方などを聞かれた。面接を受けた翌日には結果が判明したので、少しびっくりした。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2016年)
仕事のやりがい
グローバル試験、オンコロジー領域、CNS領域など今後のキャリアに役立つ能力が習得できた。(パレクセル・インターナショナル株式会社/2015年)
成長性・安定性
社長が現場主義で開発業務に対して高い志を持っており、社長との距離が近い点は小さい会社の良い点だと思います。全体的に真面目な社員が多いと思います。まだまだ成長途中の会社です。(DOTワールド株式会社/2018年)
仕事のやりがい
国際共同治験や国内治験管理人のプロジェクトが多く、英語を使用する場面もたくさんあります。1年ぐらいで英語や報告書を英語で書けるようになります。(IQVIAサービシーズジャパン株式会社/2015年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP