トップページ > 求人検索 > CRA(臨床開発モニター)※経験者-東京都のCRA経験者求人

株式会社新日本科学PPD 検討中リストに追加する

CRA(臨床開発モニター)※経験者

本社所在地:
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー12階
資本金:
24億8626万円
設立年月日:
2015年4月
従業員数:
411名(2017年1月時点)
  • 土日休み
  • 業界大手
  • 研修充実
  • 産休育休あり

株式会社新日本科学PPD

株式会社新日本科学PPD

グローバルCRO大手のPPDと東証一部上場の新日本科学が設立したリーディングCRO

PR1
CRO事業のグローバル展開を加速します。
PR2
高い専門性に定評があります。
PR3
幅広い経験を積むことができます。
PR4
教育・研修制度が整っています。
PR5
ワークライフバランスが整っています。

株式会社新日本科学PPD

募集要項

まずは基本的な労働条件をチェックしましょう。
募集の背景
PPDからグローバルプロジェクトの依頼が増えており、英語に強いCRA(臨床開発モニター)経験者を募集します。
仕事内容
臨床試験(治験)に関するモニタリング業務をお願いします。

【具体的には】
・医薬品の安全性と効果を評価する為の新薬の臨床試験、及び市販後臨床試験などのモニタリング業務
・治験実施医療機関及び治験責任医師の選定
・GCPやSOPを遵守したモニタリング活動の計画・実施・進捗管理
・治験薬について治験責任医師へのプロトコルやCRFなどの科学的情報の提供
・治験責任医師とのネットワーク保持 など

CRO事業のグローバル展開を加速します。

新⽇本科学PPDは、⽶国に本拠を置き、46カ国82のオフィスを保有し世界最⼤規模で展開するPPDと、⽇本国内の臨床試験において20年以上の歴史とノウハウを有する株式会社新⽇本科学が合弁事業をスタートさせ、2015年4⽉に設⽴した会社です。

⽇本国内においてグローバル臨床試験を実施するためには、世界と⽇本のルールの違いを理解することが必要です。新⽇本科学が培ってきた国内治験の経験やノウハウを活⽤することで、⽇本の開発環境にあったグローバル臨床試験の実施が可能になりました。PPDのグローバルネットワークを活⽤し、⽇本国内だけではなく世界各国の製薬メーカーが開発している新薬に携わることができます。さらに、⼤⼿製薬メーカー10社以上と優先的な契約を締結、今後さらなる市場拡⼤が⾒込まれています。

高い専門性に定評があります。

臨床開発の質の高さに定評があります。そのため、受託する試験は、グローバル治験や、オンコロジー・CNS・希少疾患領域などの専門性の高いものが中心です。特に、がんのグローバル臨床試験が増加傾向にあります。

幅広い経験を積むことができます。

顧客およびパートナーは世界有数の製薬メーカー・バイオテクノロジー企業・医療機器メーカー・⼤学および政府機関であり、新日本科学PPDのCRAは全員がグローバルプロジェクトチームの⼀員として、世界トップ⽔準のグローバル治験に携わることができます。

医療機関のマネジメントは基本的に全て担当CRAが行います。そのため、CRA一人あたりの責任範囲が⼤きく、幅広い経験を積むことができます。

教育・研修制度が整っています。

業務に関連したスキルは臨床事業部内にある教育研修部(元メーカー及び他CROモニター、元当社モニター、元人事コンサルタント等で構成)にて体系的に、また必要に応じてスポット研修などを随時行なっており、全面的にバックアップしています。 さらに、PPDグローバルからトレーナーが来⽇し、グローバルトレーニングを実施しています。

ワークライフバランスが整っています。

フレックスタイム制を導入しており、フレキシブルな時間での就業が可能です。また、産休や育休、復帰後の時短勤務などを毎年数名が取得しており、育休後に現場復帰しやすいように、内勤CRAなどのポジションを作るなど、働く女性を考慮したワークライフバランスが整っています。

また、1⼈につき1プロジェクト専任制をとっており、担当施設数も1⼈あたり4~5施設と無理なく働ける環境が整えられています。CRAとして働きながら習い事など仕事以外にも有効的に時間を活⽤している⽅が多くいらっしゃいます。

雇用形態
正社員(試用期間3カ月/条件の変更等はありません)※雇用期間に定めなし
勤務地
東京都 中央区明石町8-1 聖路加タワー12階
地図
最寄り駅
東京メトロ日比谷線「築地」駅から徒歩7分
東京メトロ有楽町線「新富町」駅から徒歩8分
都営大江戸線「月島」駅から徒歩11分
JR京葉線「八丁堀」駅から徒歩14分
応募条件
・CRA経験をお持ちの方

以下のような方を歓迎します。

・スキルアップしたい方
・英語を生かして活躍したい方
・オンコロジー領域での経験を積みたい方

給与
推定年収:500~900万円

上記年収は賞与を含む目安です。

経験、能力、前職給与を考慮し、ご相談の上決定します。

給与備考
1/12を月々支給、交通費(会社規定に基づく) ※月給に20時間分のみなし時間外手当を含みます。1ヶ月の勤務時間外が20時間を超えた際は残業手当(超過時間分)を規程に基づいて支給します。
昇給・賞与
昇給年1回 ※毎年3月末に業績に応じて業績賞与の支給があります。
勤務時間
9:00~18:00
勤務時間備考
フレックスタイム制
(7:30-20:00の間で就業、コアタイム:11:00~16:00 標準労働時間:8時間 休憩時間:60分)※残業は月に20~40時間程度です。(繁忙期は50~60時間程度)
休日
完全週休2日
休日備考
土日祝、夏季休暇、年末年始休暇(5日)、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、看護休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇、年次有給休暇(試用期間後10~最大20日間付与)  ※年間休日122日
福利厚生
各種社会保険完備(健康保険・雇用保険、労災保険、厚生年金)、退職給付制度あり:確定拠出年金(日本型401K)制度、団体保険制度、各種慶弔見舞金、法人会員契約による全国会員制リゾート施設・スポーツクラブ等の利用制度(ベネフィット・ワン)、借り上げ社宅制度(会社指示の転勤の場合)

企業情報

会社についてもきちんと目を通しておきましょう。
設立
2015年4月
代表者
代表取締役会長兼CEO Sebastian Pacios 
代表取締役社長 永田良一
従業員数
411名(2017年1月時点)
資本金
24億8626万円
事業内容
医薬品開発受託事業 
臨床試験受託、薬事コンサルティング(CRO事業)

<オフィス>
東京本社(東京都中央区)、大阪支社(大阪市北区中之島)、鹿児島(鹿児島市)

<主な受託領域>
1位:悪性腫瘍、2位:代謝・内分泌疾患、3位:中枢神経系疾患、4位:感染症、5位:循環器系疾患、6位:呼吸器系疾患
本社所在地
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー12階
ホームページ
http://www.ppdsnbl.co.jp/
会社の魅力
<日本国内におけるリーディングCROを目指します>
新日本科学PPDはグローバルCROとして総合的な能力を有するPPDと国内に事業基盤のある新日本科学との合弁事業により2015年4月設立されました。今後さらに、クライアントのニーズに応え、日本国内のリーディングCROを目指して、最高のサービスを提供していきます。

<約20年にわたって蓄積された実績とノウハウ>
新日本科学PPDは現在国内に3拠点400名弱の規模の人員を有しております。新日本科学が国内で臨床事業を始めてから20年、これまでに経験した試験は悪性腫瘍・循環器系疾患・皮膚科系疾患・中枢神経系疾患等、150試験以上にのぼり、幅広い疾患領域の試験の受託が可能です。新薬開発に対する専門的知識とグローバルの総合的運用インフラによって、質の高い臨床試験を実施しています。

<One Team , One Mission>
「世界中の患者様のQOL向上のために」新日本科学PPDが目指しているMissionです。社員同士の結びつきが強く、ひとつのファミリーとして互いを尊重し、認め合っています。個人に応じた教育トレーニングやキャリアプランを設けることで、帰属意識を高めています。

グローバルCROであるPPDと日本で20年以上の臨床開発経験がある新日本科学の合弁事業により設立された会社です。

2015年4月、新日本科学の臨床事業を分社化し、Pharmaceutical Product Development, LLC.(PPD)と日本における合弁事業を開始、株式会社新日本科学PPDとして新たなスタートを切りました。

PPDは、グローバルCROのリーディング・カンパニーとして、世界約50ヶ国に100近い拠点の事業所を有し、多国間でグローバル治験を同時に実施できる環境をすでに構築しています。PPDのグローバルネットワークと世界各国でグローバル試験を実施してきた知見と実績、新日本科学のこれまでに築いてきた国内での臨床事業の基盤、これらを統合することで、グローバル試験の国内実施体制の基盤が強固となり、日本国内の臨床試験の受託のみならず、グローバル臨床試験を含む幅広い試験の受託を可能にします。

内定者の声
人の命や健康に最も貢献できるのは、薬を開発するCROであると考え、志望しました。そのなかでも、SNBLを選んだのは、説明会で感じたアットホームさに惹かれたからです。いつか、先輩に信頼してもらえるモニターに、さらには先輩に認めてもらえるモニターになれるように頑張りたいと思います。

選考の流れ

内定を目指して頑張っていきましょうね。
応募方法
(「応募する」ボタン)からお問合せください。
選考プロセス
ステップ1書類選考
 ▼
ステップ2面接
 ▼
ステップ3内定

チェック条件が近い求人

別の会社の求人も忘れずにチェックしましょう。

成功CRA経験者の転職成功事例

他の方のCRAへの転職体験談も参考になります。

書物仕事内容&業界研究

治験業界や仕事内容についてもう少し知りたい方はこちら。

履歴書履歴書作成&面接対策

応募書類や面接対策についてもっと知りたい方はこちら
IQVIAサービシーズジャパン
リニカル Linical
CROのカジュアル面談
CRA(臨床開発モニター)の掲示板
CRA(臨床開発モニター)の新着求人メール

転職サポート申し込みはこちら

ステップ1
まずは申し込み。入力は1分で終わります。
ステップ2
希望にマッチした求人情報を提供します。
ステップ3
書類選考・面接
ステップ4
内定・入社
入社後もずっとサポート!
転職相談に申込む

年収査定はこちら

  • 転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」。CRA(臨床開発モニター)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ転職した時の年収を割り出します。
    転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
年収査定はこちら

合格予想はこちら

  • 臨床経験が少ない、転職回数が多いなど、選考に通過できる自信がなくて応募を迷っている方は意外に多いんです。
    ここでは、あなたのプロフィールなどから、CRA(臨床開発モニター)へ応募した時の書類選考や面接の合格率を予想します。
    前もって合格率が分かると転職活動の無駄な手間が省けますよ。
合格予想はこちら

掲示板で質問をする

  • ちょっとした悩みごとや、ふとした疑問を気軽に掲示板で質問してみましょう。
    面倒な登録が不要ですので、匿名ですぐに質問できます。分からなかったあなたの質問をみんなで解決できます。
    現役のCRA(臨床開発モニター)や人事担当者が回答してくれるかもしれませんよ。
みんなに質問をする
転職成功事例
履歴書・職務経歴書自動作成ツール
アンケート謝礼金のご案内

CRA経験者の転職状況と心構え

転職状況
製薬メーカーの開発ラッシュにより、CRA(臨床開発モニター)の転職市場は引き続き、売り手市場が続いています。

特にCRO各社は製薬メーカーが外注量を増やしているため、即戦力となるCRA(臨床開発モニター)経験者の採用を強化しています。

それに対して、製薬会社は新卒での採用を中心としており、中途採用そのものを行わないことが増えています。また、自社のCRA(臨床開発モニター)の数を今後、減らしていくと考えている会社が多く、製薬メーカーへの転職は引き続き、厳しい状態が続く可能性が高そうです。
心構え
現在のCRA(臨床開発モニター)の転職市場は、引き続き売り手市場が続いていますが、今後も同様の状況が続く可能性は低いと言えます。なぜなら、CROの数自体は、再編・淘汰により減少の傾向にあり、業績が伸び悩むCROも増加しているからです。また、CRO・製薬メーカーのいずれも新卒採用を活発化しているため、中途採用の枠自体が大きく減っていく可能性があるからです。

CRA(臨床開発モニター)の売り手市場が続いている今こそ、条件の良いCROへ転職できるチャンスが大きいと言えます。

東京都の求人状況

求人数
求人数が普通の状況です。
難易度
CRA経験者を対象とした求人が中心で、CRA未経験者が応募できる求人は少なくなっています。
心構え
CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、応募者の経歴や人柄だけでなく、応募するタイミングも大切な要素です。特にCRA未経験者は、応募できる求人数が少ないため、すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。
特徴
CRA(臨床開発モニター)の求人数が、応募者数より多いエリアです。そのため、CRA(臨床開発モニター)へ転職するチャンスが大きいエリアであると言えます。

第一三共株式会社、アステラス製薬株式会社、エーザイ株式会社、ファイザー株式会社などの多くの製薬メーカーの拠点が東京に集中しているため、多くのCRO(開発業務受託機関)も東京に本社を構え、臨床開発の品質とスピードの競争が激しく行われています。また、フェーズ1の治験の最大手である墨田病院などの治験に積極的に取り組む医療機関も多く存在します。

企業数が多いため就業チャンスが多く、面接で1~2社落ちても気にする必要はありません。どんどん積極的に応募をしましょう。
事務所を構える臨床開発の会社数、働いているCRA(臨床開発モニター)数、共に多く、臨床開発が盛んなエリアと言えます。そのため、CRA(臨床開発モニター)が安心して働くことができる環境が整っていると言えるようです。
治験ネットワーク
2012年に独立行政法人国立精神・神経医療研究センターが中心となり、筋ジストロフィーの臨床研究、治験を推進する目的の筋ジストロフィー臨床試験ネットワークが構築されています。また、東京大学医学部附属病院や東京医科歯科大学医学部附属病院などは大学病院臨床試験アライアンスを設置しています。
勤務地
担当施設は世田谷区や練馬区、大田区や足立区といった23区内が多いですが、八王子市や町田市などの23区外もあります。
CRAの人数
東京都のCRA(臨床開発モニター)の人数は1000人以上と推測され、毎年100人前後の求人が発生していると予想されます。

東京都に事務所があるCRO

  • IQVIAサービシーズジャパン株式会社
  • パレクセル・インターナショナル株式会社
  • シミック株式会社
  • イーピーエス株式会社
  • 株式会社イーピーメイト

東京都に事務所がある製薬会社

  • 武田薬品工業株式会社
  • 第一三共株式会社
  • アステラス製薬株式会社
  • エーザイ株式会社
  • 大塚製薬株式会社

東京都の主な病院

  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 東京都保健医療公社多摩北部医療センター
  • 公立学校共済組合関東中央病院
  • 東京都立大塚病院
  • 独立行政法人国立病院機構災害医療センター

新日本科学PPDの口コミ

人間関係
携わるプロジェクトはグローバルが中心になりますが、会社の雰囲気は外資系ではなく内資系色が強いです。イベントなども開催されており、従業員間のコミュニケーションはしやすいと思います。外資系で働きたいけれども外資系特有の雰囲気に不安がある方にとってピッタリの会社だと思います。(2017年)
教育研修制度
教育を専門的に行う教育研修部が存在しており、モニターの業務については座学できっちり学ぶことができる。継続的なキャリア研修もきちんと行われており、教育研修部の講師の質は高いと思う。(2017年)
面接
すごい冗談が飛び交う面接でした。

聞かれた質問は将来像やGCPなどについて。

面接の翌日には採用との連絡がありました。(2016年)
年収・給料
年俸制で毎年、昇給していきます。(2017年)
教育研修制度
教育研修制度が充実しているため、未経験者であっても安心して仕事を覚えられます。(2017年)
CRA(臨床開発モニター)の口コミ

検討中リスト0件

最近見た求人0件

保存した条件0件

CRCばんく

PAGE
TOP